テイラー・スウィフトの名言

英語の名言集
英語の名言集

教訓編

・Love is the one wild card.
= 恋は一つのワイルドカードです

☆単語☆
*wildcard=(ポーカーで)万能なカード、何事にも達者な、予測不可能な人

・Your feelings so are important to write down, to capture, and to remember
= 感情を記録し、捉え、覚えておくのは大切なことです
because today you’re heartbroken, but tomorrow you’ll be in love again.
= 今日、失恋しても明日また恋に落ちるますから

*important=大切な、重要な(形容詞)
*(形容詞) to ~=~するのは(形容詞)
*capture=(心、対象を)捉える
*write down=(書いて)記録する

・Don’t ever call a guy first.
= 男には最初に電話をしないこと
The thing they want the most is whatever they can’t have.
= 彼らがもっとも欲しいのは、得られないものです
It sounds really juvenile, but it works.
= 幼稚に聞こえるけど、上手くいきます

*whatever ~=~何でも、~をしても
*juvenile=子供(名詞)、子供っぽい(形容詞)

In a relationship each person should support the other;
=人間関係ではお互いを支えあうべきです;
they should lift each other up.
お互いの気分を上げるべきです

*in a relationship=(人間)関係で、(恋愛関係で)付き合っている時
*lift up=持ち上げる、気分を上げる(目的語が必要です)
<例>
(自分の)気分を上げなきゃ!=I have to lift myself up!

・You have people come into your life shockingly and surprisingly.
= 驚くほど突然に人はあなたの人生に入って来ます
You have losses that you never thought you’d experience.
= まさかあるとは思わなかった別れがあります
You have rejection and you have learn how to deal with that and how to get up the next day and go on with it.
= 拒絶されどうすればいいかを学び、次の日どう起きて、それと生きていくかを方法を学びます

*rejection=拒絶、拒否
*thought=think(考える/思う)の過去形:過去に未来でexperience=経験」すると思わなかったので‘d(would)が付いています☆

・A lot of people ask me, ‘How did you have the courage to walk up to record labels when you were 12 or 13 and jump right into the music industry?’.
= たくさんの人が「12か13才の時に、レコード会社に行って音楽業界に飛び込むなんて勇気、よくあったね?」と聞きますが
It’s because I knew I could never feel the kind of rejection that I felt in middle school.
= それは学校で感じた拒絶感を感じないことを分かっていたからです
Because in the music industry, if they’re gonna say no to you, at least they’re gonna be polite about it.
= 音楽業界はもし”no”と言うとき、少なくとも丁寧ですから

*courage=勇気
*kind of=どちらかと言えば、ある程度:kind=種類
*industry=工業、産業、業界
*rejection=拒絶、拒否

・I think who you are in school really sticks with you.
学校での自分がつきまとうとホント思います

*stick with ~=~から離れない、~にくっつく、~のままでいる

・For me, when I picture the person I want to end up with, I don’t think about what their career is, or what they look like.
= 最後に一緒になりたい人を心に描く時、その人の職業や外見は考えません

= その人といるときに得る感情を心に描きます

*picture= 心に描く、想像する(動詞)

・I think the tiniest little thing can change the course of your day, which can change the course of your year, which can change who you are.
= とても小さなことが一日の、一年の方向を、あなた自身を変えます

*tiny=小さい
tiny-tinier-tiniestと変化します(^^)

・I can’t deal with someone wanting to take a relationship backward or needing space or cheating on you.
= 関係を後退させようとする人や、スペースが欲しい人、だます人とは付き合ってられません

*deal with=(ものごとに)取り組む、取引する
*backward(後退)
⇔(対義語)forward(前進)

・I think I’ve developed, as many people do, this sense of, ‘Don’t say the wrong thing,
= 私は沢山の人がするように「間違ったことを言わない」という感覚を身につけました
or else people will point at you and laugh.
= そうしないと人は笑いますので

*develop=成長/発展(する、させる)
*sense=意味、感覚
*or (else ~=そうしないと= if not
*point at ~=~を指差す、指し示す
*laugh=声に出して笑う(声)

・I think the perfection of love is that it’s not perfect.
= 完璧な愛というのは完璧じゃないことだと思います

・In fairy tales the bad guy is very easy to spot.
= 童話では嫌な人は簡単に見つけられます
The bad guy is always wearing a black cape so you always know who he is.
= 悪い人は黒い肩マントをかけているので、誰かすぐ分かります

*fairy tale=おとぎ話、童話、(人をだます意図の)作り話し
:fairy=妖精、tale=物語り
*spot=(見つけにくこと/もの)に気付く/理解する、染み(をつける)
*cape=袖のない肩マント、岬

・In my opinion, the only way to conquer stage fright is to get up on stage and play.
= ステージ恐怖を克服する唯一の手段は、ステージに上がり演奏することだと思います
Every time you play another show, it gets better and better.
= 毎回違うショーをこなし、どんどん良くなっていきます(*^_^*)

*conquer=制圧する、(問題などを)乗り越える
*stage fright=ステージ恐怖
文を”I think”ばかりで始めるとクドくなってしまいますので
文 + in my opinion=I think + 文と置き換えるのも英作文での手です(*^^*)
<例>
“I think people can’t be judged by how they look.”
= “People can’t be judge by how the look in my opinion.”
= 「人は外見で判断できません」

・Relationships are like traffic lights.
= 人間関係は信号機みたいなものです
And I just have this theory that I can only exist in a relationship if it’s a green light.
私は青の関係の時だけ存在できる、というセオリーがあります
*theory=説、理論、セオリー

・The drama and the trauma of the relationship you have when you’re 16 can mirror the one you have when you’re 26.
= 16才の時の関係のドラマとトラウマは、26歳になってもそのまま起きます
Life repeats it self.
人生は繰り返します

*drama=(テレビなどの)ドラマ、(感情を動かす)出来事
*trauma=(心の)トラウマ、身体的怪我
*mirror ~= ~をそのまま写す、~に似ている(動詞)

・Vanity can apply to both insecurity and egotism.
= うぬぼれは不安と利己主義の事です

*apply to ~=~に適用される、当てはまる
*both A and B=AとBどちらも=A and B
*insecurity=不安感
⇔(対義語)security=安心感
*egotism=うぬぼれ、わがまま

素顏編

・I like the app where you can make your own memes.
= 自分でミームを作れるアプリが好きです。I make memes all the time and send them to my friends.
= 作って友達に送ってます(^o^)”meme=何かの写真にコメントが加えられているもの:こういう写真です

☆単語☆
*all the time (that ~)=いつでも、(~の間)ずっと

・I’m not the girl who always has a boyfriend.
= いつも彼氏がいる方ではないです。
I’m the girl who rarely has a boyfriend.
= めったに彼氏はいないです。

*肯定文で動詞の前にrarely(またはhardly)を使い「めったに~しない」という意味になります☆
<例>I hardly drink cooke.=コーラはめったに飲みません。

・I haven’t had that one great love, which is good.= 一つの素敵な恋はまだないですが、それは良いことです。I don’t want that to be in the past – I want it to be in the future.
= 過去ではなく、未来にあってほしいです。

・I have to practice to be good at guitar.
= 私は練習しなければギターは上手くなりません。I have to write 100 songs before you write the first good one.
= 私は100曲書かかないと良い曲は書けません。

・I’m the type of person, I have to study to get an A on the test.
= 勉強しなければ良い成績は取れないタイプです。

・I have a terrifying long list of fears.
= 沢山こわいものがあります。
Literally everything – diseases, spiders…and people getting tired of me.
= 文字通り全て-病気-クモ…それでみんな私に疲れちゃいます。

*terrifying=恐ろしい、とても(very)
*literally=文字通り
↔(対義語)”metaphorically=比喩的

・I still have mixed feelings about what growing up is –
this thing that happens to everyone, so I’ve heard.
= 未だに成長というものが良くわかりません、みんなそうだと聞きました。

*mixed feelings=複雑な気持ち=complicated feelings
*grow up=成長し大人になる

・I think every girl’s dream is to find a bad boy at the right time, when he wants to not be bad anymore.
= 全ての女の子の夢は、悪い男の子がもう悪くいたくない時に見つける事だと思います。

・I’ve been careful in love. I’ve been careless in love.
= 恋には気をつけもしました。不注意でもありました。And I’ve had adventures I wouldn’t trade for anything.
= 何にも変えられない冒険もしました。

*careful=注意深く、気をつけて
*adventures (that/which) I wouldn’t:目的格の関係代名詞は省略できます(*^^*)
*careless=不注意、うっかり
*trade ー for ~=ーを~と交換する

・Love always ends differently and it always begins differently
= 恋はいつも違う形で終わり、違う形で始まります- especially with me.
= 特に私の場合。
*especially=特に

・I’m very aware and very conscious of the path I chose in life,
= 自分が選んだ道はよく分かっていますand very aware of the path I didn’t choose.
= そして選ばなかった道もよく分かっています。

*be aware= know =知っている、分かっている
*aware=「I am aware that=I know that=知ってるよ」や「awareness of that ~=~を知っていること」というふうに名詞としても使われます

・I have never used Auto-Tune in a live television performance, and= テレビのライブでもオートチューンを使ったことはないですし、
I have never used Auto-Tune in any of my concerts.
= コンサートでもありません。That is a promise.
= これは約束です。
* オートチューン(ウィキペディア)

・My mom and I have always been really close.
= ママとはいつも仲がいいです。She’s always been the friend that was always there.
= ずっと友達でそばに居てくれます
There were times when, in middle school and junior high, I didn’t have a lot of friends.
= 学校であまり友達がいない時がありました。
But my mom was always my friend. Always.
= でもママはずっと友達でいてくれた。ずっと。

*really=本当に
*close(ク)=親しい、近い
:close(ク)=閉じる

*カナダ、アメリカ、オーストラリアなどの

学校ではKindergarten 12(キンダーガーデン・トゥエルヴ{K-12})と呼ばれるシステムがあり小学校から高校卒業まで学校が変わっても学年を1に戻さずに数えられます

・I don’t like to feel like I’m some fragile package
= 壊れやすい荷物のような気持ちになりたくありませんthat has to be shipped by high-priority mail and handled with white gloves.
= 白い手袋をして、壊れやすい荷物として運ばれるような。

*fragile=壊れやすい、根拠の薄い
*priority=優先(事項)

・All you need to do to be my friend is like me.
= 私の友達になるのにすべきことは、私を好きになることだけです。

*All you need to do is like me(あなたがすべきことは、私を好きになること)、「なにを?」で”to be my friend”(私の友だちになるのに)、となります(*^_^*)*(isの後に他の動詞”like”は繋げられないので(・・;)文法的に正しくは“to like”にして「好きになること」にするか”to be like”にして「私みたいになること」になります)

・I was never a boy magnet at school.
= 学校では、男の子を惹きつけるような子では決してなかったです。There was always the girl all the guys liked and wanted to date, but it was never me.
= 常に男の子みんなが好きな子がいて、付き合いたかったみたいですが、それは私では決してなかったです。

*date ~=~と付き合う、デートする(*withは入りません)

・I know my flaws before other people point them out to me.
= 自分の欠点は、他人に指摘される前に分かっています。

*flaw=欠点 :lessをつけると”flawless=非の打ち所がない、になります

・I’m intimidated by the fear of being average.
= 平均的でいる恐怖におびえています。

*intimidate=おびやかす
average=平均(的な)

・I was from a small town, and nobody really expects you to leave,
= 誰も出て行くことを期待しない小さな町の私は出身で、especially before you graduate. That doesn’t happen.
= 特に卒業前に出て行くことは。そんなことはない(起きない)ですが。

・My parents taught me never to judge others based on whom they love, what color their skin is, or their religion.
= 両親は誰を好きかや、肌の色、宗教で決して人を判断しないことを教えてくれました。

・My ultimate goal is to end up being happy. Most of the time.
= 私の究極の目標は最後に幸せになること。ほとんどずっと(幸せに)。

*ultimate=究極の、最終的な
*end up ~=~という結果になる、最後に~に落ち着く

・Nothing ruins your day more than getting a bad review.
= 悪い批評よりも一日を台無しにするものはないです。(‥;

*ruin=台無しにする、壊す、破産させる

・I remember straightening my hair because I wanted to be like everybody else,
= 周りと同じようにしたかったから、髪をストレートにしていたのを覚えていますand now the fact that anybody would emulate what I do? It’s just funny.
= そして今ではみんな私の真似をしている?おかしなものです。

*straighten=まっすぐにする、整える
*fact=事実
*emulate=真似る、見習う

・For everything I do, I think about a 6-year-old girl and her mom that I saw at my concert last night.
= 私がすること全て、コンサートで昨夜見た6歳の女の子とその子のお母さんを考えます。I think about what those two individuals would think if I were at a club last night.
= もし昨夜クラブに私がいて、彼女たちだったら何を思うかを考え。I never want to be arrested, and I never want to get a DUI, those are my moral values.
= 絶対に逮捕されたくないし、飲酒運転はしたくない、それが私のモラルの価値観です。

(人の経験から学べる人が一番偉いですね!)
*individual=個人(の)、単体(の)
“DUI=Driving Under the Influence=クスリやアルコールの影響下での運転
*arrest=逮捕(する)
*value=価値(を高く評価する)

・All of my favorite people – people I really trust
= 私の好きな人たち、本当に信頼する人たち– none of them were cool in their younger years.
= – はだれも若いときカッコよくなかったです。

*favorite=大好きな、お気に入りな(人/もの)
*trust=信用する、信頼する
*none of=だれも(どれも)~ない

タイトルとURLをコピーしました