英語のオシャレな一言

実践英会話
実践英会話英語の名言集

映画の面白い一言セリフ

普段の英会話にも応用できる一言で面白い映画のセリフを集めました!
興味を持たれたら見てみて下さい(*^^*)
リンクは全てウィキペディアです♪

☆メモ
(帰国女子☆は全部数回見たことあります^^;)

恋はデジャ・ブ
(人気気象予報士のビル・マーレイがレストランで話しかけてきた小うるさい人に対し)
・Moron. Your bus is leavning.
= おバカさん。あなたのバス行っちゃうよ

☆単語☆
*moron=おバカな人
↑発音が違うタブで聞けます♪

ディック・トレイシー 
仲間になるよう前に出した札束を刑事のディック・トレイシーが払いのけると悪役のアル・パチーノが
・You’ve just said goodbye to oxygen.
= 君はたった今、酸素とお別れをした

*oxygen=酸素
nitrogen=窒素、carbon dioxide=二酸化炭素、hydrogen=水素
この4つは日常会話でも登場します!

スタスキー&ハッチ
・刑事コンビのベン・スティラー演じるスタースキーと、オーウェン・ウィルソン演じるハッチ。10時に出勤した気ままな性格のハッチに対し、勤勉なスタースキーが出勤は8時だと言うと
Eight o’clock? I didn’t know this place opens at 8.
= 8時?8時からここやってるって知らなかったよ

・情報をもらうために会った、怪しい黒人ハギー・ベアの車をスタースキーが褒めると
・It won’t be out till next year
= この車は来年まで発売されないんだ
but I know some people that know some people that robbed some people.
= けど人から物を盗んだ事がある人を知ってる人を知ってるんだ

*till ~=until ~=~まで
*rob=奪う、盗む、へ強盗に入る

アイ・スパイ
ビデオ電話なのにテレビの放送だと思い,話を聞かずに喋り続けるオーウェン・ウィルソンに対しエディ・マーフィが
・You’re digging your grave with your mouth.
= 自分の口で自分の墓を掘ってるよ

*dig=掘る
*grave=お墓

ビバリーヒルズ・コップ2
・ノックをせずオフィスに入ってきたエディ・マーフィ達に対し中で電話をしていた男性が
Come right in.
= どうぞ、どうぞ
Don’t let the fact that my door’s closed dissuade you in any way from entering my office!
= ドアが閉まってるからってオフィスに入るの決して諦めないでね

*let ~=~させる、させておく
*dissuade A from ~ing=~する気を無くさせる=discourage
*(not) in any way=(not)決して、どんな手段であれ

フェイク 
FBI潜入捜査官のジョニー・デップが相手の気を損ねさせてしまったと思い、立ち去ろうとするとギャング一味のアル・パチーノが
・You don’t walk out on me.
= 君は立ち去らない
I walk out on you.
= 僕が立ち去るんだ

*walk out on ~=~の元を去る、(仕事や恋人を)去る

アナライズ・ミー
ニューヨーク・マフィアのボスを演じるロバート・デ・ニーロがパニック障害との診断結果を持ってきたお医者さんに対し
Hey. Look at me.
= おい。おれを見てみろ
Do I look like a guy who panics?
= パニックを起こすような男に見えるか

*男男した人をmachoと言います

ナイト・オン・ザ・プラネット
タクシーの運転手を演じるロベルト・ベニーニが時には歌い終始何か喋りながら走っていると行き止まりにぶつかり車をバックさせながら
“This wall was not here yesterday.”
= この壁、昨日はなかったのにな

*ロベルト・ベニーニの名言はまとめて以前ご紹介しました^^)

・『ジム・キャリーはMr.ダマー』の2作目”Dumb and Dumber To“(TwoじゃなくToです,,)から:
明らかに女性に対し
“Excuse me, sir.”
..
開かれる会議の内容の説明を受け
“Wow. That’s the single most boring sentence I’ve ever heard.”
= Wow. 今まで聞いた中で最も退屈な一文だったよ

*boring=退屈な
bored=退屈している
<>I’m bored=退屈だよ
This is a boring book..=退屈な本だね..

的が外れた事を言ったジム・キャリーが、そう思う理由を聞かれると
“That’s the only part I haven’t figured out yet.”
= その理由だけ、まだ分からないんだ

*figure out=解明する、分かる
one-cool-word

オシャレな一言英語

今回は普段良く使う単語を置き換え、英会話を簡単にちょっとオシャレにする単語を5つご紹介します!
下線のある青色の単語はクリックすると別のタブで発音が聞けます☆彡

incidentally=そう言えば
=by the way
<例>
Incidentally, did you call him?
= そういえば、彼に電話した?
= By the way, did you call him?

invariably=いつも
=Always
<例>
I go to sleep early at night. Invariably.
= 夜は早く寝ます。いつもね。
= I go to sleep early at night. Always.
*varyはchangeの意味、variableが変わりうる、なのでinを前に付けたinvariableの副詞invariablyは『変わることなく=いつも』になります
*例では強調の意味でInvariablyを前の文に付け加える形で書きましたが、副詞なのでinvariably go to sleep early(=always go to sleep early)と文中にも使えます!

10-4=了解、分かった
=Understood、OK、Copied
区切ってten four(テン フォー)と発音します
<例>
A)
I will call you in 10 minutes.
B)
10-4.
= 了解。
メールで使ってみましょう(*^^*)
ちなみに英語で携帯やスマホのメール(する)は(名詞も動詞も)textと言います
I will text you later.=あとでメールするよ。
10-4.=OK

Welp=Well
会話の途中で発言を求められた時や、メールでの会話が長引いた時に使ってみましょう!

☆起源
今では良く使われますが起源は最近で映画『ジム・キャリーはMr.ダマー(ウィキペディア)』でジム・キャリーが使い広まりました。コメディー映画であるためか、そのためか

(個人的に)welpはちょっと上の空の印象を言い手にもたらします
<例>
A)
So what we do now?
= じゃあ何する?
B)
Welp, it’s getting late now.
= う~ん。もう遅くなってきたね。

ditto=同感、同意
=I agree.
<例>
A)
I didn’t find him so attractive.
= 彼それほど魅力的じゃなかったと思う。
B)
Ditto.
= 同感。
*Ditto=同感、だけだとメールが終わってしまうので、まだメールを続けたい場合は後に他の文を続けましょう!^^;

タイトルとURLをコピーしました