英会話で表現の幅を広げる英語1|Protect yourself to protect others|Got off on the Right foot|Closure

実践英会話
実践英会話英語のこと

『Protect yourself to protect others』から学ぶ”to 〰”の使い方

アメリカではコロナが始まってすぐにCDCがニュースで”Protect yourself to protect others“=『他人を守るために自分を守りましょう』と言ってました。飛行機のアナウンスでも子供に酸素マスクを付ける前に子供を守るためにも自分に先に付けましょうと言ってますね。
今日はto 〰〰するためにの例文をご紹介します!

私はコロナ前から家の前を掃除する時でさえマスクをしてました(・・;[私には親友と呼べる友達がアメリカ、オーストラリア、ヨーロッパにいますがなぜかみんな周りがマスクするのをやめても自分はしていると言ってました。
ちなみに飛行機でのアナウンスでは『”Please place the mask over your own mouth and nose before assisting others.”. = 他の人を助ける前に自分にマスクをして下さい』と言ってるそうです。

例文1

A)
Do you plan to go somewhere today?
= 今日どこかに行く予定ある?
B)
I will go to the city to meet my friend.
= 友達に会いに街に行くよ。

*the city = (住宅街や郊外から見ての)街、繁華街。downtown(ダウンタウン)も同じ意味で使われます。ヨーロッパではcenter(センター)と言われる事が多いです♪

例文2

I’m not telling you this to criticize you but to remind you something.
= これを言ってるのはあなたを批判するためじゃなくて何かを思い出させるためなんだよ。

*not but *** = 〰ではなく***
この文法のルールにtoをつなげnot to 〰 but to *** = 〰するためではなく***するために

Got off on the Right footは『出だし』や最初は上手くいった

出だしが良かったや出だしでしくじったという事がありますね。I got off on the right foot(出だしは良く)て、そのまま上手く行く時もあれば後でおかしくなっちゃうこともあります。反対にgot off on the wrong footは出だしで失敗するになります。仕事などの共同でする作業や、友情や恋愛関係で使われる事が多いです。
*口語ではgetの代わりにstartも使われます!

例文1

A)
Oh my!
= うわぁ。。
B)
What happened?
= どうしたの?
A)
I got off on the right foot but I blew it.
= 上手くやってたんだけど、失敗しちゃったみたい。
B)
Let me see.
= ちょっと見せて。

Blow it?☆
*blow it = 失敗する。スポーツ観戦中ゴール出来なかった選手に対して”Ah! You blew it!=外してんじゃん!”と言ってる人がいます。

例文2

A)
Hi. I thought you were going to meet Sam today.
= やぁ。今日サムと会ってると思ったけど。
B)
We started our friendship off on the right foot but.
= 最初良い友達だったんだけどね。
A)
What happened?
= どうしたの?
B)
Nothing. I think time will tell.
= 別に。時間が解決するでしょ。

目的語☆
getやstartの後に何が最初上手く行ったのか説明できます。気になってる人との関係が最初上手くいかなかった場合は『I started the relationship with her/him on the very wrong foot.=彼/彼女との関係が最初失敗した』と言えます。

Closureで気持ちに『区切り』

別れた後や片思いのもやもやした気持ちや
ずっと考えても理解できない思考への区切りclosureと言います。
今日はclosureの例文をつご紹介します!
*closureには他にも会社や学校、病院などの施設の『閉鎖』と言う意味もあります

終わった恋への気持ちに区切り付ける時

A)
I just can’t believe we finished.
= 終わったのが、ただ信じられないよ。。
B)
I’m sorry but it’s over..
= そうだよね、けどもう終わったんだよ。。
You need a sense of closure.
= 気持ちに区切りを付けるべきだよ。
A)
Maybe so…
= 多分そうなんだろうね。。
B)
Let’s go do something together!
= 何か一緒にしに行こうよ!

sense of closure
=気持ちの区切り感
=closureだけでも使えます
*senseは『感』です
<例>sense of justice=正義感

closureと一緒に使える動詞

自分が主語の場合find(見つける)、getやobtain(手にする)、achieve(達成する)やreach(たどり着く)が、
区切りをつかせてくれた何かを主語にする場合はgiveやbringが使われます☆ミ
I find/reach/obtain/achieve/reach a closure on that.
= It gives/brings a closure to that.

嫌な気持ちに整理を付ける時

A)
Why they gave that guy a promotion instead of me!!??
= なんで私じゃなくて、あの人が昇進したの!?
B)
I think god only knows.
= 神のみぞ知るだね。
A)
Right. Well, I think drinking tonight will give us a closure on this.
= うん。まぁ、今夜飲みに行けば私達の気持ちも整理がつくよ。
B)
Sounds good. Let’s go then.
= 良いね。じゃあ行こっ。
Hmm. Us?
= あれ。私”達”?^^;

タイトルとURLをコピーしました