英会話が続かない時|How -?と聞いて話題を広げる

実践英会話
実践英会話

会話中、話しが続かないことは日本語でもありますが外国語だと単語の問題もあり、尚更かと思います。
そういう場合”How are you?”の次に、”How is -?”や”What happened to -?”ともっと質問してみましょう(^^♪
前回会った時、その人の家族の誕生日会の話しをしていたなら”How was the party with your family?”と聞いたり、なにか相談を受けたなら”What happened to ~?”と聞けば話しに興味があることも伝わりますし会話も続きます(*^^)v
今日はそんな一般的に”How ~?(~はどう?)”と聞くことを、ご紹介致します☆

親しみを持って貰えるポイント:英会話に慣れてきたら相手の特徴的なイントネーションや話すスピードを似せると親しみを持ってもらい、会話も弾むことがあります。是非試してみてください☆

例文

<例1>
A)
Hi. How are you?
=こんにちは。調子はどう
B)
Great. How are you?
=いいよ。あなたはどう
A)
Pretty good! Thanks for asking.
=とっても良いよ!聞いてくれてありがとう
B)
You’re welcome.
=どういたしまして(*^_^*)
A)
So what happened to the job hunting you were talking about?
= ところで、話してた求職活動はどうなったの
B)
Well. Most decent jobs require me to have a degree which I don’t have.
= ほとんど良い仕事は大卒が必要なんだけど、出てないからね

☆単語解説☆
*job hunting=求職活動、仕事探し
↑リンクの英単語は他のタブで発音が聞けます♪
*require ~=~を必要とする、(法的に)~を義務付ける
*~ (which/that) you were talking about=(あなたが)話していた~
*degree=程度、度合い、(大学の)学位
*Thanks for asking.=聞いてくれて、ありがとう。
こちらで詳しく書きました(*^^*)

<例2>
A)
Hi. How are you?
=こんにちは。調子はどう
B)
I’m ok. How are you?
=大丈夫。あなたはどう
A)
Doing good.
= 良いよ
Everything ok with your boyfriend?
= 彼とは大丈夫
B)
Ah. We had a big fight last week..
=あぁ先週おおきなケンカしちゃった。。
A)
Sorry to hear that..
= 残念(大変)だったね。。
What happened?
= 何があったの
B)
Every time I ask him where he was the day before and he never give me a point-black answer.
= 前の日どこにいたのって聞くと、絶対にハッキリ答えないんだ

*point-black=的を定めた、まっすぐの、ハッキリした

<例3>(電話)
A)
Hey. What’s going on?
=やぁ。どんな感じ?
B)
Let’s see. I went to work and just finished my dinner.
=えぇと。仕事に行って、いま夕飯を食べたところだよ
How are you?
= あなたは
A)
“I am fine. How was your dinner?
= 良いよ
What did you have for a dinner?
= 夕飯は何を食べたの?
B)
I had a cheeseburger with french-fries.
= チーズバーガーとフレンチフライ
It was good!
= 美味しかったよ

<例4>
A)
Hi! It’s been a while! How have you been?
=わぁ!久し振り!どうしてた?
B)
Yeah. It’s like an year or something?
= ほんと。一年とかそれくらいぶり
I’ve been fine!
= 元気だったよ
How have you been?
= そっちはどうだった
A)
Well. I’ve been thinking of relocating.
=うん。ちょっと引っ越そうと考えてるんだ
B)
I see. Where to?
= へぇ。どこへ

*It’s been a while=ひさしぶり
*~ or something=~とかそれくらい、~とか何とか
*relocate=引っ越す=re-locate
このように相手の言ったことを詳しく聞いていけば、会話が続きます☆彡

how-are-you

最近、名言が多かったので英会話を書きたいと思います!

学校では”Hi.”のあと”How are you?”とだけ教わることが多いですが、実際は色々なことを言う人がいます。今日はいくつか、その例をご紹介します☆(登場人物はAさんとBさんだけです(^^♪)

例文

What’s going on?
A)
“Hey. What’s going on?”
= やぁ。調子はどう?
B)
“Not much. What about you?”
= 別に。そっちはどう?
A)
“I’m doing alright.”
= まぁ、いいょ。
What’s going on?=下の例を除き口語では「なにか新しいことあった?」と言う意味で使われます。

<“What’s going on”の他の例>
例1)
“Excuse me but what’s going on here? There are so many people around here.”
= すいません、何があったんですか?すごい人がいますが。
例2)
What’s going on between you and him?”
= 彼と(あなた)どんな感じなの?
*What’s going on?とWhat’s up?(同じ意味)がカジュアルな場ではよく使われます
<what’s upの例文> (AさんとBさんの会話)
A) “Hey what’s up?”
B) “Hey. How are you?
“What’s up?”は”Hey(やぁ)”の延長線上で使われることもあり、上の例のように実際にこちらの答えを期待しないで聞かれることがあります。

How are you doing?
A)
“Hey Lena. How are you doing?”
= やぁ、レナ。調子はどう?
B)
“Pretty good actually. How are you?”
(プリティ・グッ・アクチュァリー)
= かなり良いよ♪ あなたは?
* How are you doing?=How are you?=調子はどう?ご機嫌いかがですか?

How are you doing?と同じ意味で使われるフレーズ
How are you (doing)?
=How’s it going?
<解答例>”It’s going not too bad.(わるくないよ)”
=How’s it hanging?
<解答例>”It’s hanging alright.(上手くやってるよ!)”

What’s kicking?
A)
“Hey everybody. What’s kicking?”
= やぁ、みんあ。どんな感じ?
B)
“You are late. That’s what’s happening now.”
= あなた遅刻。それが、いま起きてることだよ(・・;
*kicking =happening=起きている
*what’s happening=起こっていること、は”it”として扱われるので文法上”That’s it”と見ればわかりやすいです(*^^*)

*What’s kickingと同じ意味で使われるフレーズ
= What’s happening?
= What’s cooking?
= What’s shaking?

タイトルとURLをコピーしました