英語で道の尋ね方と教え方|スラングの必要性

英語クイズ
英語クイズ

こんばんは! 今日の英語クイズは道の尋ね方と教え方を練習しましょう☆彡

問題: 「」内の日本語が正しく訳されているものabどちらでしょう?

1.一番近い電車の駅はどこですか?
a). Do you know where is the closest train station?
b). Do you know how to the nearest train station?

2.Dビルへは、どうやって行くかご存じですか?
a). Do you know where to go to D-building?
b). Do you know how to get to D-building?

3.「この道は違います」
a). You’re not walking in the different direction
b). This is a wrong way

4.「はい。この道をまっすぐ行って、最初の道を右です」
a). Sure. Keep walking this road and make right into the first corner.
b). Yes. Go to straight this way. Then make right over the first block.

5.「本屋を通り過ぎて、左側の花屋の隣のビルです」
a). Go past a bookstore, it’s the flower shop next to a left building .
b). After you pass a bookstore, it’s the building next to a flower shop on the left side.

答えと解説

1.a(Do you know where is the closest train station?)
最も近いclosestnearestです。
(最後の “t”は”ス”の後に口を閉じるだけで、発音しません)
“close (to) -” と “near -”  (-に近い)のどちらも最上級(-est)になります。

2.b (Do you know how to get to D-building?)
英語で道の尋ね方
・ “Do you know where is ~ (行き先)?”
=~はどこかご存じですか?
・”Do you know how to get (to) ~?”(toは省略できます)
=~へはどうやって行くかご存じですか?
・”Do you know how to go to ~?”
=~へはどうやって行くかご存じですか」
Do you know(はご存じですか)”で文を始めるのが一般的です(^^♪

*海外でいる場所がわからなくなって、道を聞くときは
一人ではなく二人以上の人に聞き、同じことを言われたら歩き出すのが時間をロスせずにすむコツです^_^;

3.b (This is a wrong way)
“go in the right/wrong direction”
=正しい/間違った方向に向かう
は決まった言い回しです。
You are walking in the right direction.
「この道でいいですよ」

4.a (Sure. Keep walking this road and make right into the first corner.)
(二人がいる)この道をまっすぐ
“Go straight
“Keep walking/Keep on+ this road/this way/here  がよく使われる言い方です。

*~個めの道を (右や左に)曲がる」は
“make a right at the second corner”
二個目の角を右に曲がる

“take a left at the next crossroad”
次の交差点を左に曲がる
*crossroad=交差点

“turn right” at the third corner”
=3個目の角を右に曲がる
上のturnは(曲がる)という動詞ですので方向(right/left)の前に冠詞”a”が付きません。
“make a turn to the left”(=左に曲がる)という場合は”make”が動詞で”turn”が名詞として使われるため”a”が付きます。
(make a turn to ~(~に曲がる)は車で運転手の方に道を伝えるときに使います)
*英語は「曲がる」ひとつでも色々な言い方 (特に前置詞) がありますが
ポイント何番目の道どちらに曲がるかを伝える(聞く)ことです(^_^;)
外国の方はジェスチャーで手を使い教えてくれるので、分かりやすいですが
“Ok. FIrst corner? to Right?”(最初の道を?) と確認をすると良いです(*^_^*)

5.b (After you pass a bookstore, it’s the building next to a flower shop on the left side.)
「~を通りすぎて」は”go past ~”か”pass ~”です。
on the right/left side=右/左側です!

それでは、また次回♪

slang

スラングの必要性

こんばんは! 今日はスラングついてお話しします(*^_^*)

まず言語を学ぶ上でのスラングを定義したいと思います。
スラングは相手の言ってることを理解するためには必要ですがこちらは使う必要はないです。(「このスラングを知らないと恥ずかしい」なんてことは決してありません^^;)
スラングは星の数ほどありますし、地域によって使われるものと使われないものがあります。では円滑な英会話のため、どのスラングは知っておくべきでしょう?
よく使われるものには彡

1.gonna発音が聞けます=going to (~するつもり)
↑他のタブで発音が聞けます♪
gonnaは(ナ/ガナどちらの発音も使えます☆)
<例>: I’m gonna read a book. = I’m going to read a book =本を読みます。

2.wanna(ウォナ)=want to (~したい)
<例>: I wanna buy this. = I want to buy this. =これを買いたいです。

3.bad = hot = good
<例>* She’s bad! = She’s hot! = She looks good! (彼女)良いね!
* 英語で「誰か」(異性)に「興味がない、ダメ」という場合、
“have no interest in ~(~に興味がない)” と言います。
“He’s bad!” と言えば「彼、良いね」という意味になってしまいます(^^ゞので悪い人と言いたいときはHe’s a bad person!と言いましょう(*^_^*)

4.phat=very good
(発音は”fat”と同じです)
<例> 誰かが流した音楽の感想を”Do you like it?”と聞かれ
“It’s phat!” と言えば「すごく良いね!」という意味になります(^^)

5.Get outta here!=Really!!?=え~!ホントに!?
<例えば>:初めて会った人と話していて、偶然同じ学校に行ってたり
近くに住んでいることを発見した時に、使います。
(“outta”は”out of”の意味です)

6.awesome!=Excellent!=すごい!、最高!

7. 最近はコロナ禍の飛行機内で周りが全員マスクをしているのにマスク無しで大声で叫ぶ人や、公道を自分の私有地と主張する人や、ちょっと変わった女の人をKarenと呼びます。Karenに対して変わった男の人をKevinと言います。

ネイティブでスラングを他の言葉に置き換えられない人はボキャブラリーが少ないだけですので”What do you mean?”や”What does (知らない言葉) mean?”と聞いてみましょう☆

それでは、また次回 (=^・^=)

タイトルとURLをコピーしました