ブライアン・イーノの名言

brian-eno-quotes
・My kind of composing is more like the work of a gardener.
= 僕の作曲は、むしろ庭師の仕事に近いです
The gardener takes his seeds and scatters them, knowing what he is planting but
= 庭師は何を植えているか分かった上で種を撒きますが
not quite what will grow where and when
= いつ、何が出来るかハッキリとは分かっていません
and he won’t necessarily be able to reproduce it again afterwards either.
= また後で必ずしも、同じものを作れなきゃいけないという訳でもありません

☆単語☆

・Listening to something is an act of surrender.
= 何かを聴くとは、身を委ねる行為です

・I want to rethink ‘surrender’ as an active verb.
= 『身を委ねる』を動作動詞として考え直したいです

・I’m fascinated by musicians who don’t completely understand their territory;
= 自分の領域を完全に理解していないミュージシャンに興味をそそられます
that’s when you do your best work.
= そういう時、最高の仕事が出来ますので

・Lyrics are always misleading because they make people think that that’s what the music is about.
= 歌詞は常に誤解を与えます、それが音楽だと人に思わせるので
(I think Japan places great value on the lyrics.
= 日本では歌詞が重要視されると思います
宇多田ヒカル)

・People assume that the meaning of a song is vested in the lyrics.
= 人は曲の意味が歌詞にあると思います
To me, that has never been the case.
= 僕はそう考えた事はありません
There are very few songs that I can think of where I remember the words.
= 歌詞を覚えてる曲は数曲しか思いつきません

・It’s not the destination that matters.
= 目的地が大事なのではありません
It’s the change of scene.
= 風景の変化が大事なのです

・Even though I’m known as a pop musician,
= 僕はポップ・ミュージシャンとして認知されていますが
I have a seriousness about what I do.
= 仕事は真面目にしています

・In my normal life I’m a very unadventurous person.
= 普段、僕は全く冒険心のない方です

・Feelings are more dangerous than ideas, because they aren’t susceptible to rational evaluation.
= 合理的な判断に影響を受けないため、感情は考えよりも危険です

・I used to think that, given enough goodwill, anybody would be able to ‘get’ any music, no matter how distant the culture
from which it came.
= どんなに遠くの文化でも善意の心があれば、誰でも音楽を’理解’できると以前は思っていました
And then I heard Chinese opera.
= そして中国のオペラを聞きました

・Aggressive music can only shock you once.
= 激しい音楽は最初の一度だけ衝撃を与えます
Afterwards its impact declines.
= その後、効果が薄れます
It’s inevitable.
= 避けようのない事です

・The computer brings out the worst in some people.
= コンピューターは一部の人の最悪な面を表に出します

☆日本にいて:私的メモ☆

・When I started working on ambient music, my idea was to make music that was more like painting.
= アンビエント音楽をやりだした時、頭にあったのは、絵画のような音楽を作るという事でした
ブライアン・イーノのアンビエント音楽(YouTube検索)

・I trust my taste.
= 自分のセンスを信じています
I trust it completely and I always have done, and
= 完全に信じ、いつだって信じてきました
and I’ve always thought it isn’t that different from everybody else’s.
= また、自分のセンスが他の皆とそれほど違わないと、いつも思っています

・People do dismiss ambient music, don’t they?
= 人はアンビエント音楽を完全に見下してますよね
They call it ‘easy listening,’
= “イージー・リスニング”と呼んで
as if to suggest that it should be hard to listen to.
= 音楽があたかもハード・リスニングであるべきかのように

・If you watch any good player,
= 良い演奏家を見ると
they’re using different parts of their body and working with instruments that respond to those movements.
= 体の違う部位を使い、その動きと合うように楽器を演奏しています
They’re moving in many dimensions at once.
= 多くの側面を同時に動かしています

・Once you’ve grown to accept something and it becomes part of the system you’ve inherited,
= いざ成長し何かを受け入れ、自分の一部となれば
you don’t even notice it any longer.
= もう、それに気付きもしません

・I hardly ever go into the studio with a work complete in my head.
= 頭の中で完全にイメージが出来上がった状態で、スタジオに行ったことはほとんどありません
It emerges from communal activity.
= 共同作業の中で生まれていきます

スポンサーリンク