アヴリル・ラヴィーン|I’m With Youで学ぶ英語

music_imwithyou
YouTube(歌詞付き)
歌詞のみ

~しかない(nothing but ~)
♪There’s nothing but the rainから
上の歌詞は「橋の上で立って。暗闇の中で待ってる。今 まで(by now)には来ると思ったけど」のあと”Nothing but the rain” (雨しかない)と歌っています。
nothing but ~はよく使う表現です
会話では “I have nothing but”か”I got nothing but”とhavegotの後に置きます。
* gotgetの過去形ではなくhave(~を持っている)という意味で使われます。
「地面に足あとはなく。聞いているけど何の音もしない。私を見つけようとする(trying to find me)人はいないの?
家に連れ帰ってくれる人は」と続きます

“æ” の発音の仕方
舌の先を下歯の裏側に付けて「あ」と言うと、普通の「あ」とは違いますよね。これが “æ” の発音です。appleのaがそうです

Cold の発音の仕方
Coldをコールドと発音すると、外国人の英語を聞き慣れている都市 (ニューヨークやロンドン)では理解されますが、ちょっと郊外に行くと通じない事が分かりました^^;と最後のD(ドゥ)以外、1つずつハッキリと発音します。
早く少し大きく口を開けて“、口をすぼめ前に出して“ウ”上歯の裏側に舌の先を押し当て発音されるのでそれで”“です(*^^)v
最後のDは上の歯の裏に当てた舌を下げながら喉を使い発音します。

サビ(Chorus)では
「すごい寒い夜だよ。この人生を理解しようとしている。手を引いて、どこかに連れて行ってくれる?
どこか新しい場所へ。あなたが誰か知らないけど。一緒にいます」と歌っています(*^^*)

スポンサーリンク