英語でクリスマス。冬や雪の英会話フレーズ

christmas-idioms 実践英会話
実践英会話

クリスマスの3つのイディオム


Christmas came early (this year)はうれしい驚きがあった時に使われ、口語ではちょっと皮肉を込めた意味でも使われます!
this year(今年)は省略出来ます

例文

<例1>
“In the end of November, I got a little raise.
= 11月末に給料が少し上がりました。
Christmas came little early for me.”
私にはクリスマスが少し早く来たみたいです☆

☆単語解説☆
*get a raise=給料が上がる、昇給する
*「既に来た」という意味で完了形のhas comecameの代わりに使われることもあります。

<例2>
“I was asked to work overtime by my boss saying “Christmas came early this year.’..”
= 上司から「サプライズギフト」と言って残業を頼まれました..

*work overtime=残業する


Beat the holiday bluesはクリスマス・シーズン(Holiday Season)にストレスを感じないように何かすることです
<例>
We always say not staying too long on Facebook at home is a good way to beat the holiday blues.
= 家でフェイスブックを長く見すぎないのがこの時期、心に良いと私たちはいつも言っています^^;

*beat=(相手を)たおす、(続けて)たたく
*blues=(音楽)ブルース、悲しい気持ち


It’s the thought that countsギフトが何かではなく、何かをくれた相手の気持ちが大切という意味です(*^^*)
<例>
“I’m not sure if they are happy for this, but hey It’s the thought that counts..”
= これで喜んでくれるか分からないけど、「気持ちが大切」だよね。

*thought=考え、思考、think(考える)の過去形
*count=数える、が大事である
*must=に違いない、しなければならない
*「if ~=~かどうか」節では未来のことでも現在形が使われます
:Nobody knows if it rains tomorrow.=明日雨になるかは誰も分かりません
snow-useful-idiom

夏でも使える雪(Snow)のイディオム


Snowed under  (with ~)=(~が)多すぎて大変

Snowed(スドゥ)=ドゥ()は上の歯の裏に当てた舌を下ろしながら喉を使って発音します♪
<例1>
Thanks for your call, but I’m a bit snowed under now..Can we talk some other time?
= 電話ありがとう、けど今ちょっと立て込んでて..また今度話せる
☆単語解説☆
*a bit=少し:トゥ(T)もドゥ(D)と同じように上の歯の裏に当てた舌を下ろしながらは喉を使わず発音します!
with~~が多くてを説明できます☆
<例2>
If I don’t get this done today, I’ll be snowed under with the same thing tomorrow.
= 今これを終わらせなければ、明日また同じことに追われてしまいます


As pure as driven snow
雪は白いものの象徴としてよく挙げられます。driven Snowは風に舞う雪のことです。地面に付く前の綺麗な雪という意味でas pure as driven snowはとても純粋なとても素直なと言う意味で使われます☆

*as ~ as A=Aほど~
*driven=drive(運転する、動かす)の過去分詞形、(砂や雪が)風で舞い上げられた
<例>
Nobody is as pure as driven snow but it doesn’t mean nobody is good.
=雪のように純潔な人はいませんが、誰も良い人がいないという訳ではありません


As white as snowは日本語にもあるように通常、(肌や髪などの色が)雪のように白いと色の白さを表しますが2のpure as snow(純潔な)の意味で使う人もいます。
<例>
That house was as white as snow.
= その家は雪のように白かったです
And we know which house I’m talking about.
= どのハウスの事か分かりますよね。^^;

snowball_idiom

夏でも使う雪球(Snowball)のイディオム


Snowball effect
Snowballは雪球の他に、雪の上を転がり雪球が大きくなる事から(大きさ、重要さや危険性が)どんどん増す(もの)という意味もあります。そこからSnowball effect=という表現が使われます☆
*effect=効果/結果(をもたらす)
<例>The higher he got promoted, the more he started earning.
= 彼は昇進すればするほど、さらに稼ぎだしました。
It’s like snowball effect.
= 雪球の効果のようです(*^^*)


Snowball into ~
Snowballとinto ~で~な自体に発展するという意味です(*^^*)
<例>
I was ignoring several issues.
= いくつかの問題を無視していました。
Then suddenly it snowballed into a serious one..
= すると突然大変なことになってしまいました。;

☆単語解説☆
*issue(シュー)=(重要な)問題、交付/発行する
issueは前の文に出ているので次の文では代名詞oneに置き換えられます☆
*ignore=無視する
(類義語)neglect
*serious=真剣な、真面目な


No snowball’s Chance
雪球のチャンス(snowball’s chance)がないでほとんど可能性がないという意味になります。
<例>
I don‘t have a snowball’s chance in hell of getting married.
= 私が結婚する可能性はほとんどありません。^^;

*口語でsnowball’s chancein hell(at all=全く)と一緒に使われる事が多いです。
*~する可能性of ~ingと書きます(*^_^*)

タイトルとURLをコピーしました