ローレル・K.ハミルトンの名言

laurell_k_hamilton_love_quotes
ローレル・K・ハミルトン(ウィキペディア)

・Sometimes you fight what you are, and sometimes you give in to it.
= たまに人は自分と戦い、たまに自分に屈します
And some nights you just don’t want to fight yourself anymore, so you pick someone else to fight.
= そして自分と戦いたくない夜は、戦う他の誰かをつかまえます

☆単語☆

・If you’re too damn stubborn to let yourself cry, then your body finds other ways to let it out.
= 泣くことを自分に許せないほど頑固なら、体は涙を出す他の手段を見つけます

・Never argue when you’re winning.
= 勝っている時は言い争わないで下さい


・Most hatred is based on fear, one way or another.
= ほとんどの憎しみは、何かしらの点で恐怖に基づいています

・Sometimes you deal with the devil not because you want to, but because if you don’t, someone else will.”
= そうしたいからでなく、自分がしなければ他の誰かがするために私達はたまに悪魔と向き合います

・If you only believe when it’s easy, you don’t really believe.
= 簡単なときだけ信じているなら、本当に信じてはいません

・Better to assume the worst and be wrong than assume the best and be wrong.
= ベストを見込んで間違っているよりかは、最悪を見込して間違っている方が良いです

・When you apologize, try not to smile at the same time.
= 謝る時、同時に笑顔を見せないようにして下さい
It ruins the effect”
= 効果が失われます

・Not knowing a thing is not ignorance.
= 知らないことは無知ではありません
Feigning knowledge you don’t have can be.
= 持っていない知識を持っているふりをするのは無知になり得ます

・Pretend I asked, now answer the question…
= 私が質問していると思って、さぁ質問に答えて。。

・You can not die of grief, though it feels as if you can.
= 悲しみではしねません、そう感じる事もありますが
A heart does not actually break, though sometimes your chest aches as if it is breaking.
= 心は実際に壊れません、たまに胸が壊れるかのように痛みますが
Grief dims with time. It is the way of things.
= 悲しみは時とともに霞みます。そういうものです
There comes a day when you smile again, and you feel like a traitor.
= 再たび微笑んだ時、自分が裏切り者のように感じる時が来ます
How dare I feel happy.
= よく幸せでいられるなって

・I enjoy my anger. It’s the only hobby I have.
= 自分の怒りを楽しんでいます唯一の趣味です

・I hate it when people find my threats amusing.
= 人が私の恐怖を面白がる時が嫌です

・People are supposed to fear the unknown, but ignorance is bliss when knowledge is so damn frightening.
= 人は未知を恐れるものですが、知識がとても恐ろしい時は知らぬが仏です