エド・シーラン『Photograph』

ed-sheeran-photograph
Ed Sheeran- Photograph (OFFICIAL LYRICS) (YouTube)
エド・シーラン(ウィキペディア)

Loving can hurt, loving can hurt sometimes
= 愛(すること)は時どき苦しいです
But it’s the only thing that I know
= でもそれしか僕は知りません
When it gets hard, you know it can get hard sometimes
= 辛い時、たまに愛は辛いよね
It is the only thing that makes us feel alive
= それだけが生きてることを実感させます

☆単語☆
*hurt=(身体的、精神的に)痛む、痛みを与える
*hard=(物が)かたい、(状況が)きびしい、困難な

(A)
We keep this love in a photograph
= この愛を僕らは写真に保ちます
We made these memories for ourselves
= 一緒に思い出を作ったね
Where our eyes are never closing
= そこで僕らの目は決して閉じず
Our hearts were never broken
= ずっと心は壊れないで
And time’s forever frozen, still
= そして時は永遠に止まったままです

*freeze=凍る、凍らせる-froze-frozen

So you can keep me Inside the pocket of your ripped jeans
= だから君の破れたジーンズのポケットに僕をしまっていいよ
Holding me close until our eyes meet
= 僕らの目が合うまで抱きしめて
You won’t ever be alone, wait for me to come home
= 絶対一人じゃないよ、僕が家に帰るまで待ってて

*rip=破れる、破く、裂け目
*hold ~=(状態)~を保つ、~を抱きしめる
*until ~=~(する、になる)まで
*alone=(他はいず)一つ/一人、だけ
*jeans (pants)=ジーンズ
*wait(待つ)に付く前置詞はforです。「~(何か)する」のを待つは「to ~」になります(*^^*)

Loving can heal, loving can mend your soul
= 愛は癒えます、愛は魂を治します
And it’s the only thing that I know
= そして、それしか僕は知りません
I swear it will get easier, remember that with every piece of ya
= もっと楽になるって誓うよ、それを覚えておいて
And it’s the only thing to take with us when we die.
= 僕らがしぬ時それだけ持っていきます

*heal=癒える、癒やす
*mend=修復する、回復する、火に燃料を足す
*swear=誓う、悪態をつく
*ya=you

(A)

So you can keep me Inside the pocket of your ripped jeans
= だから君の破れたジーンズのポケットに僕をしまっていいよ
Holding me close until our eyes meet
= 僕らの目が合うまで抱きしめて
You won’t ever be alone, wait for me to come home
= 絶対一人じゃないよ、僕が家に帰るまで待ってて

And if you hurt me
= 僕を傷つけても
That’s okay baby,
= 大丈夫、
Only words bleed inside these pages you just hold me
= 君が僕をただ抱きしめるページの言葉だけが傷つく
And I won’t ever let you go
= 君を手放さないよ
Wait for me to come home
= 僕が家に帰るまで待って
Wait for me to come home

*bleed=血を流す、心を痛める
*words(言葉)にかけ”inside pages(中面)”を使っていると思われます..
<>:inside pages of a newspaper=新聞の中面

You can keep me inside the necklace you bought when you were sixteen
= 16歳の時に君が買ったネックレスの中に僕をしまっていいよ
Next to your heartbeat where I should be
= 僕がいるべき君の心の鼓動のとなりで
Keep it deep within your soul
= 君の心の奥にしまっておいてよ
And if you hurt me
= 僕を傷つけても
That’s okay baby,
= 大丈夫、
Only words bleed inside these pages you just hold me
= 君が僕をただ抱きしめるページの言葉だけが傷つく
And I won’t ever let you go
= 君を手放さないよ

When I’m away, I will remember how you kissed me
= 離れた時、君のキスを思い出すよ
Under the lamppost back on Sixth street
= 5丁目の街灯柱の下で
Hearing you whisper through the phone
= 電話で君がささやくのを聞いて
Wait for me to come home
= 僕が帰るのを待っててくれ

*whisper=ささやく、ささやき
*Avenue(アヴェニュー/番街)、Boulevard(ブルヴァード/大通り)、Road(ロード)、street(ストリート/丁目)があります
*lamppost=街灯柱=lamp(ランプ)-post(柱)
☆私的メモ..
失恋|名言集で「I used to think that I could never lose anyone if I photographed them enough.
= 以前、その人の写真を充分に取れば誰も失うことはない、と思っていました。
In fact, my pictures show me how much I’ve lost.”
= 実際は、私がどれほど失ったかを教えてくれます。ナン・ゴールディン」
をご紹介しました。失恋は辛いですね..けど必ず時が癒しますよ(*^_^*)