英語で相づちを打つ『Right|Yeah|Uh-Huh』

uh-huh
英語で「話しを聞いている」は「I’m listening.」ですが
「そうだね」や「うん」のように話しを遮らず聞いている意思表示をするには”Right“,”Yeah“,”Uh-Huh“がよく使われ、相槌を打つ意味ではどれでも使えます(*^_^*)
(↑違うタブで発音が聞けます!I seeとI betの使い方はこちらから)

例文

話しの途中から
<例1>
A)
So there’s no point in going back there tomorrow.”
= だから明日戻る意味はないんだよ
B)
Right.
= そうだね
A)
Do you wanna meet tomorrow?
= 明日、会おうか

☆単語解説☆
*wanna=want to
口語ではDo you wanna ~?=~したい?」が「Can we ~=~出来る?」の意味で使われる事があります
*no point in ~=~の意味がない

<例2>
A)
So how was last night?
=それで、 昨夜どうだったの
B)
Fantastic!
= 最高だったよ
A)
What happened?
= どうしたの
B)
Well, see. We went to a fancy restaurant.
= うん。豪華なレストランに行ったんだけど
A)
Uh-huh.
= うん
B)
Foods were great! But something more happened last night.
= 食事は素晴らしかったよ。けど昨夜はもっとあったの
A)
What happened?
= 何があったの
B)
Do you know I love movies?
= 映画好きなの知ってるでしょ
A)
Uh-huh.
= うん
*1つめのUh-huhそうなんだですが2つめではうん(Yes)という意味で使われています
「Can you come tomorrow?=明日来れる?」などハッキリとした答えが必要な質問に対してはYesNoで答えるのが良いです

*see=見る、理解する、(話)「ほら」
*fancy=しゃれた、豪華な、想像上の
*something more=それ以上の何か=something (which/that is) more

<例3>
A)
Yeah! I didn’t come all the way here just to feel like this!
= そうだよ!こんな気分を味わうために、ここにわざわざ来てないんだよ
I think I deserve to be happy you know!?
= 幸せになる権利が私だってあるでしょ
B)
Yeah.
= うん
A)
…..
B)
…..
A)
…..
B)
I’m listening.
= 聞いてるよ
A)
Ok. Then ~
= うん。それで
^^;

*all the way (to ~)=最初から最後(の~)まで、わざわざ
*deserve ~=~の価値がある、~にふさわしい