クリスティーナ・ペリー『Something About December』

something_about_december
Something About December(ミュージック・ビデオ)

こちらは歌詞付きビデオです

*
Lights around the tree
= ツリーの周りにライトがあって
Mama’s whistling
= ママは口笛を吹いてて
Takes me back again
= また思い出していました
There’s Something bout’ December
= 12月には何か特別なものがあります

☆単語☆
*whistle=(口)笛(を吹く)
*take back=(言葉を)撤回する、(記憶を)思い起こす
:somethingのあとにspecialやweirdなどの形容詞を続けて意味を特定することも出来ますが、something about ~だけでも~が特別や特異の意味があります(*^^*)

We’re hanging mistletoe and hoping that it snows
= ツリーを飾って、雪が降ることを願って
I close my eyes and then
= 目を閉じると
I can still remember how to get back, home
= 今だって家への帰り方は分かります

*hang=(~に)をつり掛ける、のんびりする
*mistletoe=ヤドリギ
ヤドリギ(神話)(ウィキペディア)

*
Let all your memories hold you close
= 思い出にしっかりと抱きしめてもらおう
No matter where you are you’re not alone
= どこにいても独りじゃない
Because the ones you love are never far
= 愛している人は近くにいるから
If Christmas is in your heart
= クリスマスが心にあれば

*let A ~= Aに~させる
*close(ク)=近い、親しい
:close(ク{閉じる})とスペルは同じです
*the ones (whom) you love(あなたが愛している人)
*no matter where ~=どこで~でも

Who really needs a gift when love is meant to give?
= 愛があげるものだとしたらプレゼントなんていりません
I can still recall
= 今でも思い出せるし
Carry with me always
= いつも私の側にあります
Every Christmas dream, they live in you and me
= どのクリスマスの夢も、私達の心にあり続けます

*Who (really) needs ~ ?=誰が(本当に)~を要りますか?=~なんて要りません
*carry ~ with me=~を持ち歩く:歌詞ではにはクリスマスの夢が入ります(*^_^*)
*recall=(意識を遡り)思い出す(こと)
*live=住む、生活する、記憶にとどまる

→*→*