ジョン・レノン|名言[アーティスト編]

quotes-johnlennon1
ジョン・レノン(ウィキペディア)

・Surrealism had a great effect on me because then I realized that the imagery in my mind wasn’t insanity.
= シュールレアリスムから多大な影響を受け、それにより僕の心の中が狂気ではないと理解しました
Surrealism to me is reality.
= 僕にはシュールレアリスムは現実です

☆単語☆
*Surrealism=超現実主義 「シュールレアリスム」(三省堂辞書サイト)
*imagery=(心象)イメージdissimilarity
*insanity=狂気

Without Jimmy (James) Dean the Beatles would never have existed.
= ジェームス・ディーンなしでは、ビートルズは存在しませんでした
If there hadn’t been an Elvis, there wouldn’t have been the Beatles.
=  エルビスがいなければ、ビートルズもいませんでした
とも言っています(*^^)v

・Paul and I know each other on a lot of different levels that very few people know about.
= ポールと僕は、ほんの数人だけが知っている異なるレベルを多く知っています

・If someone thinks that peace and love are just a cliche that must have been left behind in the 60s, that’s a problem.
= もし「平和と愛は60年代に置き忘れられたに違いない」と思うなら問題です
Peace and love are eternal.
= 平和と愛は永遠です

*”must”は現在形ですと「しなければいけない」という意味もありますが”must have -“と使うと「~したに違いない」と過去形に限定された使い方をします。
<例1>”He must be sleeping still.”= まだ寝てるに違いない。
<例2>”I must go to bed now“= もう寝なきゃいけません。
というように使います

Only by trying on other people’s clothes do we find what size we are.
= 人の服を試すことでのみ、自分のサイズを知ることができます
*do we find は we find の倒置強調です (疑問文の並びになります。倒置はあまり使われませんが、たまに使う方がいるので「これは疑問文じゃなくて強調したいんだ☺」と認識できれば理想的です

There are no problems, only solutions.
= 問題はなく、解決方法しかありません
*曲の歌詞です(^^♪
Watching the Wheels(YouTube)

・Living is easy with eyes closed.
= 目を閉じていれば人生は楽です
こちらも歌詞です☆
Strawberry Fields Forever(YouTube)

・My role in society, or any artist’s or poet’s role, is to try and express what we all feel.
= 僕や全てのアーティストや詩人の役目は、みんなの感情を試しそれを表現することです
Not to tell people how to feel.
= 人にどう感じろと、言うものではありません
Not as a preacher, not as a leader, but as a reflection of us all.
= 宣教師やリーダーとしてでなく、みんなの鏡としてです

・The basic thing nobody asks is why do people take drugs of any sort?
= 誰も尋ねない基本的なことは、なんで人は薬とかそういったものを使うのかです
Why do we have these accessories to normal living to live?
=
なんでアクセサリーが普通の生活の中にあるのでしょう

I mean, is there something wrong with society that’s making us so pressurized that we cannot live without guarding ourselves against it?
= それなしで生きることを否定しては生きていけない、強い圧力がつまり社会にあるのでしょうか

*askは目的語が必要(他動詞)な印象がありますが(目的語なしで使える)自動詞でもあります(*^^*)
*guard A from ~=~からAを守る

・The thing the sixties did was to show us the possibilities and the responsibility that we all had It wasn’t the answer.
= 60年代がしたことは私達の可能性と、みなが持つ責任を見せたことで答えではありませんでした
It just gave us a glimpse of the possibility.
= ただ可能性を垣間見せたのです

*glimpse=ちらっと見る、垣間見る (名詞、動詞)
:give a glimpse at ~=~をチラッと見る

Rituals are important. Nowadays it’s hip not to be married.
= 慣例は大事です。最近は結婚しないことが流行ですが
I’m not interested in being hip.
= 流行には興味がないです
*hip=流行している、カッコ良い(スラング)
:ヒッピー(hippy)もここから派生した言葉です

*ritual=儀式、慣例、しきたり

・God is a concept by which we measure our pain.
= 神は、痛みを計る一つの概念です
*こちらも曲から
God“(YouTube)

I‘m not afraid of death because I don’t believe in it.
= しぬことは信じていないので、怖くありません
It’s just getting out of one car, and into another.
= 車から降りて違う車に乗るようなものです

ジョン・レノン[自己啓発編]

スポンサーリンク