ハーバート・ジョージ・ウェルズ|名言集

h.g.wells_time-machine
今日は「タイム・マシン (小説)の作者ハーバート・ジョージ・ウェルズの名言をご紹介します
ハーバート・ジョージ・ウェルズ(ウィキペディア)

If you fell down yesterday, stand up today.
= 昨日転んだなら、今日立ちましょう

☆単語☆
*fall down :転ぶ、(on ~)({仕事など}~で失敗する)

・Crime and bad lives are the measure of a State’s failure;
= 犯罪と悪い生活は、国家の失敗の尺度です
all crime in the end is the crime of the community.
= すべての犯罪は結局、地域の犯罪です

*crime=犯罪
*lives=life(人生、生活)の複数形です
*measure of ~=~の尺度、(~を測る)ものさし
*state(スイトゥ)=(アメリカなどの)州、国(家)、(精神の)状態
*failure=失敗
⇔(対義語)success
*in the end=最後に、結局
*community=(地域の)人達、(意見や興味を共有する)人達
(↑他のタブで発音が聞けます)

・Losing your way on a journey is unfortunate.
= 旅の途中で道に迷うのは不運です
But, losing your reason for the journey is a fate more cruel.
= しかし、旅の理由を失うのはもっと悲惨な結末です

*lose ~’s way=(~が)道に迷う、迷子になる
*on a journey=旅の途中
*unfortunate=不運な(人)
⇔(対義語)fortunate
*reason (for ~)=(~の)理由、原因
*fate=運命、(最終的な)結末
*cruel=無慈悲な、ひどい

We all have our time machines, don’t we.
= 私達みんなタイムマシンを持っていますよね
Those that take us back are memories…
= 過去に戻すのは思い出…
And those that carry us forward, are dreams.
= そして前に進めるのは夢です

*take ~(人) back=~(人)の過去を思い出させる
*carry= 運ぶ :
*forward=(時間的、空間的、段階的に)前に、先に
⇔(対義語)backward
*「~だね?」:相手の同意を求める文(we all have)の肯定/疑問詞の逆を文の終わりに付けます
<>
This is my pen, isn’t it?=これ私のペン、だよね?(thisやthatはitになります)
I told you, didn’t I?=言った、よね? ^^;
I think that’s Mt.Fuji, isn’t it?=思うけど、あれ富士山だよね?(同意を求める文はthat’s Mt.Fujiなのでisn’t it?になります ^^)

・If we don’t end war, war will end us.
= 戦争を終わらせなければ、戦争が私達を終わらせます

*end=終わる、終わらせる
*war=戦争

・Advertising is legalized lying.
= 広告は合法化された嘘です

*advertising=広告(すること)
*legalize=合法化する
*lying=「lie=嘘をつく」のing形です(^^

In the country of the blind, the one-eyed man is king.
= 目の見えない人の国では、一つ目の人が王様です
*ことわざです :「盲人の国」というH.G.ウェルズの短編もあるそうです
The Country of the Blind(Wikipedia)

*blind=目の不自由な(人)、判断力を奪う
*one-eyed=片目の、(考慮の)視野が狭い
:英語は受身形で形容詞にして作る単語があります
<>red-colored=赤色の

・The path of least resistance is the path of the loser.
= 最も抵抗が少ない道は、敗者の道です

*path=(人や動物が歩くことによって出来た)道
*least=little(少ない)の最上級です :little-less-least
*resistance=抵抗(力)
*loser=敗者
⇔(対義語)winner

The crisis of today is the joke of tomorrow.
= 今日の困難は明日の冗談です

*crisis=困難(危機的)な状況

Our true nationality is mankind.
= 私達の本当の国籍は人類です

*nationality=国籍
*mankind=人類

・History is a race between education and catastrophe.
= 歴史は教育と大惨事の競争です

*race between ~~~間の競争(~には複数形か、2つ(=A and B)の単語が入ります *^^*)
*education=教育
*catastrophe=(大きな被害をもたらす)出来事、悲劇

I had rather be called a journalist than an artist.
= アーティストよりかは、ジャーナリストでいたいです

*had rather A than ~=~よりかはAをする

・Heresies are experiments in man’s unsatisfied search for truth.
= 異端説は、満たされない心理の探求の試みです

*heresies=「heresy=異端説(を唱える人)」の複数形です
*experiment=実験、新しい試み
*search=探求、調査 :search for ~=~の探求
*unsatisfied=満たされていない、不満足な
⇔(対義語)satisfied

After people have repeated a phrase a great number of times,
= 語句を何度も繰り返し言った後、
they begin to realize it has meaning and may even be true.
= 人はそれに意味がある事と、真実であるかもしれない事を悟ります

*repeat=復唱(する)、言った(した)事を繰り返しする(こと)
*great=(程度が)大きな、素晴らしい
*number of times=何回も、何度も
*begin to ~=~をし始める :startはstart to ~/start ~ingどちらも言えますがbeginはbegin to ~としか言えません
*realize=気付く、悟る
*meaning=意味、目的
*true=本当、真実
*phrase=語句、フレーズ、言い回し
スポンサーリンク