ハーバート・ジョージ・ウェルズ|名言集

h.g.wells_time-machine
今日は「タイム・マシン (小説)の作者ハーバート・ジョージ・ウェルズの名言をご紹介します
ハーバート・ジョージ・ウェルズ(ウィキペディア)

If you fell down yesterday, stand up today.
= 昨日転んだなら、今日立ちましょう

☆単語☆

・Crime and bad lives are the measure of a State’s failure;
= 犯罪と悪い生活は、国家の失敗の尺度です
all crime in the end is the crime of the community.
= すべての犯罪は結局、地域の犯罪です

・Losing your way on a journey is unfortunate.
= 旅の途中で道に迷うのは不運です
But, losing your reason for the journey is a fate more cruel.
= しかし、旅の理由を失うのはもっと悲惨な結末です

We all have our time machines, don’t we.
= 私達みんなタイムマシンを持っていますよね
Those that take us back are memories…
= 過去に戻すのは思い出…
And those that carry us forward, are dreams.
= そして前に進めるのは夢です

・If we don’t end war, war will end us.
= 戦争を終わらせなければ、戦争が私達を終わらせます

・Advertising is legalized lying.
= 広告は合法化された嘘です

In the country of the blind, the one-eyed man is king.
= 目の見えない人の国では、一つ目の人が王様です
*ことわざです :「盲人の国」というH.G.ウェルズの短編もあるそうです
The Country of the Blind(Wikipedia)

・The path of least resistance is the path of the loser.
= 最も抵抗が少ない道は、敗者の道です

The crisis of today is the joke of tomorrow.
= 今日の困難は明日の冗談です

Our true nationality is mankind.
= 私達の本当の国籍は人類です

・History is a race between education and catastrophe.
= 歴史は教育と大惨事の競争です

I had rather be called a journalist than an artist.
= アーティストよりかは、ジャーナリストでいたいです

・Heresies are experiments in man’s unsatisfied search for truth.
= 異端説は、満たされない心理の探求の試みです

After people have repeated a phrase a great number of times,
= 語句を何度も繰り返し言った後、
they begin to realize it has meaning and may even be true.
= 人はそれに意味がある事と、真実であるかもしれない事を悟ります