Put yourself in someone’s shoes|誰かの立場で考える

put-yourself-in-someone-shoes
誰かが”Put yourself in his shoes“と言えば
「彼の立場に立って考えて視点から見て」という意味です。
Stand(立つ)を使って”Stand in his shoes”でも同じ意味です

☆単語解説☆
*put in ~=~に入れる
*in ~’s shoes~=~の立場で (*^^*)

例文

<例1>
Can you put yourself in my shoes for a second? What would you do?
= ちょっと私の立場で考えてくれる? あなただったら、どうする

*for a second=ほんの一瞬、ほんのちょっと
*”What would you do (if you were me{あなたが私なら})が省略されています。非現実的な仮定形のためIf以下が過去形になり、続く文の動詞にwouldが付きます(*^^*)

<例2>
Employee=従業員)
What should I do with all these chairs?
= この椅子、どうしましょうか
Boss=上司)
Stand in customers’ shoes, and do what you think it’s best.
= お客さんの視点から見て、一番良いと思うことをやって (^.^;

*customers(customer=お客さんの複数形)はsで終わるのでcustomers’sではなくcustomers’になります(発音は複数形”customers”と同じカスタマーです(^^)v
*employ=雇用する、(手段を)使う
単語の語尾erは~する人 :employer=雇用主
ee“は~される人です :employee
リンクの英単語は他のタブで発音が聞けます

<例3>
A)
Wow! How did you know that I would be here?
= え!なんで(私が)ここにいるって分かったの?
B)
“Well. I just put myself in your place and I thought you’d come here.”
= あなたの気持ちになって、ここに来ると思っただけだよ
*Shoes以外にPlacePositionでも同じ意味です。
:Put myself in your shoes=Put myself in your place=Put myself in your position

*thought=think(考える)の過去形です :こちらでは過去(thought)の未来(will come)なのでwould(‘d)になります

Have a great evening!