一言でオシャレな英語


今回は普段良く使う単語を置き換え、英会話を簡単にちょっとオシャレにする単語を5つご紹介します!
下線のある青色の単語はクリックすると別のタブで発音が聞けます☆彡
(・単語=意味
=普段使う言い方
<例文>)

一言オシャレ単語

incidentally=そう言えば
=by the way
<>
Incidentally, did you call him?
= そういえば、彼に電話した?
= By the way, did you call him?

invariably=いつも
=Always
<>
I go to sleep early at night. Invariably.
= 夜は早く寝ます。いつもね。
= I go to sleep early at night. Always.
*varyはchangeの意味、variableが変わりうる、なのでinを前に付けたinvariableの副詞invariablyは『変わることなく=いつも』になります
*例では強調の意味でInvariablyを前の文に付け加える形で書きましたが、副詞なのでinvariably go to sleep early(=always go to sleep early)と文中にも使えます!

10-4=了解、分かった
=Understood、OK、Copied
区切ってten four(テン フォー)と発音します
<>
A)
I will call you in 10 minutes.
B)
10-4.
= 了解。
メールで使ってみましょう(*^^*)
ちなみに英語で携帯やスマホのメール(する)は(名詞も動詞も)textと言います
I will text you later.=あとでメールするよ。
10-4.=OK

Welp=Well
会話の途中で発言を求められた時や、メールでの会話が長引いた時に使ってみましょう!

☆起源
今では良く使われますが起源は最近で映画『ジム・キャリーはMr.ダマー(ウィキペディア)』でジム・キャリーが使い広まりました。コメディー映画であるためか、そのためか
(個人的に)welpはちょっと上の空の印象を言い手にもたらします
<>
A)
So what we do now?
= じゃあ何する?
B)
Welp, it’s getting late now.
= う~ん。もう遅くなってきたね。

ditto=同感、同意
=I agree.
<>
A)
I didn’t find him so attractive.
= 彼それほど魅力的じゃなかったと思う。
B)
Ditto.
= 同感。
*Ditto=同感、だけだとメールが終わってしまうので、まだメールを続けたい場合は後に他の文を続けましょう!^^;