Not for lack of Trying

not-for-lack-of-trying
Not for lack of tryingtry(努力)が足りなかった訳じゃない
出来る限りのことはしたの意味です。
For want ofはFor lack ofと同じ意味なのでNot for want of tryingに置き換えることも出来ます。
今日は
例1:一生懸命やったけど上手くいかなかった時
例2:前から二人で会ってみかったけど、今までグループの中でしか会えなかった人と会う機会を持てた時
2つの場面で例文をご紹介します☆彡

☆単語解説☆
*lack of ~=~の不足、欠如
*trying=努力すること=try(努力する)の名詞
形容詞でのtryingはannoying(気に障る、厄介な、大変な)の意味です

例文

<例1>
(スポーツのハーフタイムで)
A)
Captain. They are leading us by 3 goals.
= 主将。3点も負けてますよ
B)
Let’s just do our best.
= ただ全力でやろう
Even if we lose, it won’t(will not) be for lack of trying.
= もし負けたとしても、やれるだけの事はやってきたんだから

*do ~’s best=全力をつくす、本気でする
<do my best, do our best, do her best>
*lead=先導する、~に導く、人生を送る
*仮定文でIF節の文は未来の事でも現在形を使い、続く文を未来形にします。
<他の例>
If it rains tomorrow, I will not go.
= 明日雨だったら、行きません。

<例1>
Wow. I studied so hard today.
= ふぅ。勉強、すごい今日がんばったよ
I won’t let anyone say “it was for lack of trying” or something like that.
= 誰にも「努力が足りなかった」みたいな事、言わせないぞ
^^;

*こちらではnotを取り逆(努力が足りなかった)の意味で使われています
*let A ~(動詞の原形)=Aに~させる(事を許可する)
*~ or something like that=~みたいな事、~みたいなもの

<例2>
A)
Wow. So we are finally meeting.
= わぁ。ついに二人で会ってるね
B)
Yeah. I was always wondering how it’d be like being just you and me.
= ほんと。いつも二人で会うと、どんな感じになるんだろうって思ってたんだ
A)
Really!? Wow. Me too.
= ホントに!?えぇ。一緒だよ
But hey, it’s not like for want of trying.
= けど別に二人で会いたくなかったとかって訳じゃないからね
B)
Right!
= そうだね
So where do you wanna go?
= じゃあ、どこ行きたい

*「なかった」の意思を示すwantではなく冒頭↑でご紹介したようにfor wantとfor lackは交換出来ますので、どちらを使っても構いません♪
it’s not like for want of trying
= it’s not like for lack of trying
*wonder=知りたいと思う、感嘆する
*wanna=want to