If it ain’t broke, don’t fix it|壊れてないなら修理しない

not-broken-no-fix
もっと良くなると思いやったことが、結果的に初めより悪くなってしまうことがあります^^;
そういうときに使えるフレーズはIf it ain’t broke, don’t fix itです

☆単語解説☆
*”ain’t”は”isn’t”(is not)か”aren’t”(are not)の意味(スラング)です
(過去形の”wasn’t”か”weren’t”を表す”wain’t”(ウェイントゥ)もあります!
*brokeは正しくはbrokenですが、こちらもスラングです。
broken=breakの過去分詞形、broke=お金がない(形容詞)、breakの過去形
(スラングはフレーズの中で使うのは良いですが、普段での使用は避けるのが無難です)

If it ain’t broke, don’t fix it.
= 触らぬ神に祟りなし(壊れていなければ修理しない)

例文

<>
A)
Hey. What are you doing?
(↑他のタブで発音が聞けます)
= 何してるの?
B)
I am trying to optimize my computer.
= パソコンを快適化しようとしてるんだ

*optimize=最適化する
A)
Wow. I didn’t know you could do that.
= えぇ。そんなこと出来るなんて知らなかった。
*正しくは時制を合わせcouldが正しいですが、口語ではcanも使われます
B)
Well. Actually I don’t know how.
= いやぁ。ホントはやり方は分からないんだ
A)
You know they say “If it ain’t broke, don’t fix it.”!
= よく言うじゃん「壊れてなければ修理するな」って
B)
You right. I’ll keep it like this.
= そうだね!このままにしておくよ(*^^*)