英語の頻出ネットスラング

net-slang
私の友人に十数年日本に住んでいるアメリカ人がいるのですが。今でもアメリカの友達に毎年手書きで手紙を送るオールドファッションです。今日はネットスラングのことを、どのくらい知っているかメールで聞いてみましょう

例文

A)
Hi. Long time no see! What are you up to these days?
= Hi. 久しぶり!最近何してるの

*up toは後ろに目的語を続け、その人「~次第」という意味もありますが
後ろに時を表す目的語が入ると、その時に「何をしている」になります。
<>:What are you up to now? = What are you doing now?
B)
Not much. Just working everyday.
= 大したことないよ。毎日、仕事だけ
A)
Have you opened your Faceboook account yet? I can send you a friend request!
= Facebookのアカウントは開いた? 友人申請送るよ
B)
Nope. Not my style.
= いや。僕のスタイルじゃないよ
*nope=no
A)
Yeah I know that. Hey do you know what does TMI mean?
うん知ってる。ねぇ”TMI”って、どういう意味か知ってる
B)
Let’s see. Too much information?
= なんだろう。余計な情報
*so much informationなら、まだ手に追える(量、範囲などの)情報ですがtoo much informationなら、手に余る情報になります。
*so ~=とても~、too ~=~すぎる
A)
Wow. That was your lucky guess. What about 24/7?
= ワオ。でもまぐれね。24/7は
B)
It means 24-hours a day and 7-days a week.
1日24時間、一週間7日って意味
*24/7=always=いつも
A)
That’s right. It seems you know everything. What about ttyl?
そう。なんか全部知ってるみたい。ttyl
B)
I have no idea.
知らないなぁ
A)
It means “Talk to you later”!
「またね」って意味(^^♪
B)
Wow. You got me.
= wow.やられたぁ~
A)
You have so much more to learn.”(*^_^*)
= まだいっぱい(学ぶこと)あるよ
B)
Maybe next time. Let’s call it a day.
たぶん次回。今日はこのくらいにしておこう
*call it a day=その日の作業、仕事を切り上げる
(Let’s call it a night=今夜はここまでにしよう。)
A)
lol. Nite.
= (笑)おやすみ
* lol = laughing out loud=日本語の「(笑)」の様に使われます(*^^*)
*nite=good night=gnite
B)
Nite.
おやすみ

*他にも
BRB=Be Right Back=すぐ戻るね
FYI=For Your Information=参考までに
G2G=(I’ve) got to go=もう行かなきゃ出掛けてくる
HAGN=Have a good night=おやすみなさい
IDK=I Don’t Know=知らない
IMY=I miss you
JK=Just Kidding=ただの冗談だよ
L8tr=L+Eight+tr=Later=また後でね
LMAO=Laugh My Ass Off=ハハハ!(とても可笑しい(^O^)
(同じ意味で”ROFL“=Roll On Floor Laughing=床で転がり笑うがあります)
PMD=Put Me Down=中傷する、中傷してくる
<>Don’t PMD.=中傷しないで
(褒められた後の雰囲気を軽くする時などに^^)→Time for you PMD=ちょっとバカにしていいよ
SYNT=See You Next Time=また今度会いましょう
SOML=Story of My Life(いつもこうだよ)
☆彡別の記事Story Of My Life|いつもこうだよ
Thx=Thanks
ULM=You Love Me
XOXO(X=kiss,O=両手を広げたHug)=ハグとキス
などが良く使われます(*^_^*)
(ネットスラングばかり使うとたまに会話が進まなくなるので注意です^^;

それでは、また

スポンサーリンク