ダフト・パンク|Giorgio by Moroderで学ぶ英語

daft-punk_georgio_by_mordor
こんばんは!今日はエレクトロ・デュオダフト・パンクの曲を取り上げます(^^♪
YouTube(歌詞付きです)歌詞のみ

この曲はメロディーがなく、ジョルジオ・モロダーさんという魅力的な声の男性が “話して“います(^o^)タイトルの”Giorgio by Moroder“は「モルダー家出身ジョルジオ」という意味です
ジョルジオモロダー(ウィキペディア)

英語語源が分かる:Di(ダイ)とMono(モノ)
こういった独白や一人芝居をMonologue(モノローグ) と言います。”Mono“はモノラルでも使われるように「1つ」という意味です。対して、対話のことをDialogue(ダイアログ)と言います。語頭の”Di“とは「2つ」という意味です

知らない単語を見かけたときも
dis (“not”という意味です)+satisfaction (満足)=dissatisfaction(不満足)やim (同じく後に続く文字を否定する”not”です (^^)v)+possible(可能)=impossible(不可能)など語頭から意味を推測することも出来ます(*^_^*)
ジョルジオさんはイタリア人の方で、英語が母国語ではないため文法は正確ではなく多少、片言(broken English)ですがジョルジオさんの口語調と片言さが曲の魅力に貢献しています☆彡

こちらから歌詞の内容にはいります。()内に文法上正しい違う言い方を書きました。作者の意向に反しているかもしれませんが(‥;)英語学習のため照らし合わせて見てください(^^


When I was fifteen, sixteen, when I started really to play the guitar.I definitely wanted to become a musician.”=
15才、16才の本当にギターを弾き始めたときから、絶対にミュージシャンになりたかったです。」
(At the age around fifteen when I started playing a guitar seriously, I definitely wanted to become a musician.)

It was almost impossible because it was, because the dream was so big,
that I didn’t see any chance because I was living in a little town, studying.”
=とても大きな夢でしたので、ほとんど不可能でした
小さな町に住んで勉強していて、可能性は何も見えませんでした。」
(It appeared to be impossible since it was a so big dream.There was only a slight chance especially because I was living in a little town, studying.)
* Town(町)に対しては”small” “little” どちらでも使えます (^_-)-☆

I was starting and when I finally broke away from school and became musician. I thought ‘Well, I may have a bit of a chance.‘.”=
Because all I ever wanted to do is music but not only play music but compose music.”
=学校をやめて、ミュージシャンの道を歩みだしたとき、”以外に出来るかも”と思いました。やりたいことは音楽しかなかったですし。ただ演奏するだけはなく、作曲もしたかったのです。」
(When I quit a school and made a step toward becoming a musician, I thought “Well maybe I can”. It was because all I wanted to do was music. Also I wanted not only to play but compose music.)

At that time, in Germany, in 1969-70, they already had discotheques.
So I would take my car and go to a discotheque, sing maybe thirty minutes.
I think I had about 7-8 songs.”
=その当時、1969年か70年のドイツには既にディスコがありました
ので
私は車に乗ってディスコに行き、30分間ほど、7、8曲歌っていました。」
(Therefore I drove to a 
discotheque to sing seven or eight songs for about thirty minutes.)

I would partially sleep in the car
because I didn’t want to drive home and
that helped me for about almost two years to survive.”
=家まで戻りたくはなかったので
車の中で寝たりしていました

そいうことをして、二年間ほど生活をしていました。」
(I was sleeping in my car because I didn’t want to all the way drive home. I was making my living like that almost for two years.)

In the beginning, I wanted to do an album with the sounds of the 50s,
the sounds of the 60s, of the 70s, and then have a sound of the future.”
=最初は50年代や60年代、70年台の音のアルバムを作りたかったのですが
ふと未来の音が欲しくなりました
。」
(In the beginning, I wanted to make an album with the sound of the 50s, 60s, or 70s. Then I wanted to have a sound of the future.)

I know the synthesizer, “Why don’t I use the synthesizer?”, which is the sound of the future.”
=シンセサイザーは知っていました。‘シンセサイザーを使ったら?‘未来の音ですから
({過去のことを言っていますので}I knew the synthesizer so I wondered why I didn’t use the synthesizer which has the sound of the future.)

And I didn’t have any idea what to do but
I knew I needed a click so
we put a click on the 24 track which was then synced to the Moog modular.”
=何をすればいいか全く分かりませんでしたが
何かをクリックすればいいことは分かりましたので
24トラックを押しました、するとモーグ社のモジュラーと同期しました

こういうものだそうです(^^♪モーグ・シンセサイザー
(I had no idea what to do but I knew I had to click something so we clicked something on the 24-track and then it was synced to the Moog modular. )

I knew that it could be a sound of the future but I didn’t realize how much impact it would be.
My name is Giovanni Giorgio, but everyone’s calling me Giorgio.”
=それが未来の音になることは知っていましたが、どのくらいの反響かは気付きませんでした私の名前はジョヴァンニ・ジョルジオですが、みなジョルジオと呼びます(*^^*)

You want to free your mind about a concept of harmony and music being correct, you can do whatever you want.”
=ハーモニーや正しくなければという概念から解き放ち自分のしたい音楽はなんでも出来るのです。」
(You want to break yourself free from the conventional idea of the harmony and music has to be correct because you can do whatever you want.)

So nobody told me what to do and there was no preconception of what to do.
=だから誰もこれをしろなど言わないし、何をするか予想もつかないのです

☆私的メモ☆
余談ですが(^_^;)私も昔、大学を中退しました・・いま思えば卒業しておけば良かったと心から思います(・・;
もし若い方で学校をやめようと思っている方がいましたら、本当に余計なお世話ですが(゜.゜;よく考えてからにして頂けたらと心から思います(^^)
それでは、また次回

追記!!(2015年11月28日)
2015年の4月に30を(少し)過ぎてから通信の大学に再挑戦しています!
あの時中退しなければ^^;

大学から一人暮らしを始める方は色んな事があると思います。
こちらのライフハッカーの記事もご参考に。
友だちをつくるのも大変…大学に入って体験する最悪なことを乗り切る方法
私も何人か付き合いましたし、ずっと付き合っていくと思った友達も沢山いましたが社会人になり疎遠になって今でも話す人は数えるほどです…
『自分のために』大学は卒業して下さいね(^^♪