ウディ・アレン|愛と幸せの名言

love_quotes
ウディ・アレン(ウィキペディア)

1.
To love is to suffer.
= 愛する事は、苦しむ事です
To avoid suffering, one must not love.
= 苦しみを避けるには、愛するべきじゃありません
But then, one suffers from not loving.
= けどまた、愛さない事で苦しみます
Therefore, to love is to suffer; not to love is to suffer; to suffer is to suffer.
= だから愛する事は苦しみ;愛さない事が苦しみ;苦しむ事は苦しむ事です
To be happy is to love.
= 幸せになる事は、愛する事です
To be happy, then, is to suffer, but suffering makes one unhappy.
= 幸せになる事はそれなら苦しむ事ですが、苦しみは人を不幸せにします
Therefore to be happy one must love, or love to suffer or, suffer from too much happiness.
= なので幸せになるために愛するべき、苦しむために愛するべき、または幸せすぎる事に苦しむべきです

☆単語☆
2.
Life is full of misery, loneliness, and suffering
= 人生は惨めさと孤独、苦しみで一杯です
– and it’s all over much too soon.
そして、早過ぎるほど早く終わります