ケイト・ブッシュ『Symphony in Blue』

kate-bush-symphony-in-blue
Symphony in Blue:YouTube(歌詞つき)

I spent a lot of my time looking at blue,
= 多くの時間、青色を見て過ごしました
The color of my room and my mood:
= 私の部屋の色であり、今の気分の色である青
Blue on the walls, blue out of my mouth;
= 壁にも青、口から出る言葉も青
The sort of blue between clouds, when the sun comes out,
= 太陽が顔を出す時、雲の間に見えるような青
The sort of blue in those eyes you get hung up about.
= どうしても気を取られてしまう、そんな青

☆単語☆
*sort of=みたいな、ちょっと
*get(be) hung up=ある事に過度に気を取られる
(通常hung upの後on 〰を使い~に気を取られるのか説明します
<>
I’m so hung up on travelling these days.
=最近、旅行する事ばっかり考えてる)

When that feeling of meaninglessness sets in,
= 無意味感がおそうと
Go blowing my mind on God:
= 神様に向かって心を吹き飛ばします
The light in the dark, with the neon arms,
= 暗闇の中の光と、ネオンに輝く手で
The meek he seeks, the beast he calms, The head of the good soul department.
= 私の中の『良い人部署』の代表がおとなしい私を求め、心の野獣をなだめていく

*set in=佇みだす(雲行きが悪くなった時のように事象が起き、しばらくその状態が続く時に使われます*^^*)
*blow=吹く
*meek=(性格)平穏な、おとなしい
*seek (for) ~=~を探し求める
*calm=落ち着き(名詞)、落ち着いた(形容詞)
*head=頭、(組織の)長
*department=部署、(人の)得意分野、(国の)省
*beast=野獣、けだもの
<>Beauty and Beast=美女と野獣(ディズニー映画☆彡)

*サビ
I see myself suddenly on the piano, as a melody.
= ピアノの上で突然自分がメロディーに見えてきました
My terrible fear of dying no longer plays with me,
= 死に対するひどい恐怖は、もう私をもて遊ばず
for now I know that I’m needed for the symphony.
= 今は、私がシンフォニー(交響曲)に必要とされてる事が分かります

*terrible=ひどい、とても嫌な
*fear=恐怖

I associate love with red,
= 赤色と恋を結びつけました
The color of my heart when she’s dead;
= 私が死んだ時の心の色
Red in my mind when the jealousy flies,
= 嫉妬心が心を飛び交う時の赤色
Red in my eyes from emotional ties, manipulation, the danger signs.
= 感情のつながりや操作、危険サインを感じた目の赤色

*associate A (with B)=(Bと)Aを結びつける
*manipulation=(人の心/機械を)巧みに操ること :(動詞)manipulate

The more I think about ***, the better it gets.
= ***は考えれば考えるほど良くなります
Here we have a purpose in life:
= ここに人生に一つの理由があります
Good for the blood circulation,
= 血液の循環に良く
Good for releasing the tension,
= 緊張をほどくのにも良いし
The root of our reincarnations.
= 生命の生まれ変わりの根源です

*purpose=目的、意義
*circulation=循環
*root=(植物の)根、(問題などの)根源
*reincarnation=生まれ変わり


I see myself suddenly on the piano, as a melody.
My terrible fear of dying no longer plays with me,
for now I know that I’m needed for the symphony.

I spent a lot of my time looking at blue–
= 多くの時間、青色を見て過ごしましたから
No wonder that I blue it!
= 時間を青くしちゃったのも当然です

もしくは
『失敗しちゃったのも当然です!』
*blueは”青くする”の動詞としても使えますが、blowの過去形blewはblueと同じ発音ですし”I blew it(失敗しちゃった!)は口語でよく使われるので、かけて失敗しちゃったと歌っているのかもしれません。
曲名の中のbueのように青を見すぎて時も青くしちゃったのか、失敗しちゃったのか作曲したケイト・ブッシュさんのみが知ります・・