ジェニファー・ラブ・ヒューイットの名言[教訓編]

jennifer_love_hewitt-quotes
・Sometimes it’s the toughest moments that you learn the most about yourself, and
= たまに一番つらい瞬間は、最も深く自分について学び
the more you know yourself, the less you are willing to give away.
= 自分を知れば知るほど、それを表に出したくなくなっていく時です
(著書『The Day I Shot Cupid』から:Google画像)

☆単語☆
*tough=(状況が)辛い、強い、固い
*moment=瞬間、一瞬、秒
*the (比較級A)+the (比較級B)=AすればするほどBになる
*be willing to ~=~する意志がある
⇔(対義語)be unwilling to
*give away=(隠そうとしている気持ちを)表に出す、無料で配る、(誰かの不利になる)秘密をばらす
ジェニファー・ラブ・ヒューイット(ウィキペディア)

Magazines and opinions of you and stuff like that, those will change, but
= 雑誌や自分への評価とかは後に変わりますが
your opinion of yourself does not have to be based on what other people say.
= 自分自身への評価は、他の人の言ったことに基づく必要はありません
So I just learned that my inner voice has to be louder than their outside voice.
= なので、心の声は外の声よりも大きくなければならないと学びました
*opinion (of ~)=(~についての)意見、評価
*~ and stuff (like that)=~とか何とか
*inner=内部の、心の
*be based on ~=~に基づいた
*loud=うるさく、大声で

・Dating has taught me what I want and don’t want, who I am, and who I want to be.
= 何がほしくて、ほしくないか、自分らしさや、どうなりたいのかを恋愛での付き合いが教えてくれました

*date=付き合う(相手)
<>I date him=彼と付き合っています(withは入りません*^^*)

・If we wear our worst reviews like a backpack, they travel with us.
= 最も悪い自分への批評をリュックサックのように身に着けていれば、それは付いて周ります
(「The Day I Shot Cupid」から)

*bad-worse-worst
⇔(対義語)good-better-best
*backpack=バックパック旅行する、リュックサック(=rucksack)
*travel (with ~)=(~と共に)旅行する

I fall asleep feeling beautiful.
= すてきな気分で眠りにつきます
Then, in the morning, before I leave the house, I say five things I love about myself,
= そして朝、家を出る前に5つ自分の好きな事を言います
like ‘You have really pretty eyes’.
= 「目がとっても可愛いよ」とか
That way I can go out into the world with that little bit of extra confidence.
= そうすれば少しおまけの自信と世界に出て行けます
It’s a feel-good protein shake in my back pocket
= 後ろポケットに忍ばす気持ちを上げるプロテイン・シェークです
in case someone messes with me that day.
= 誰かにその日ぞんざいに扱われた時のために
(何かを「ありがたいなぁ」など何でも笑顔にさせることを考え眠りにつくと一日に違いが生まれるそうです彡)

*extra=余分に、追加の
*fall asleep=眠りにつく(落ちる)
*confidence=自信、確信
*(Just) In case ~=もしも~した時のために
*mess with=干渉する、(誰かを)ぞんざいに扱う/怒らせる、(危険なことに)関わる

・There’s a difference between wanting to be respected and being a strong female
= 尊重されたいこと、強い女性でいること
and being known for being able to do things,
= 物事が出来る人として知られることには違いがあります
but still very much wanting guys to open the door,
= それでも男性にドアを開けてもらいたいし
wanting them to ask us out, still bringing flowers and stuff like that.
= 誘ってもらいたいし、花とかを抱えたりしたいものです

*be known for ~(ing)=(すること)として知られる
*want (誰か) to ~=誰かに~してほしい
*ask (誰か) out=誰かを出掛けようと誘う
*~ and stuff (like that)=~とか何か

If you walk out of the house and think you feel great, or
= 家を出て素敵な気分だなぁと思ったり
if someone tells you that you look amazing, believe it and just say thank you.
= 誰かが見た目を褒めてくれたら、それを信じてただ「ありがとう」と言いましょう

・Remember, your body is a temple, not a 7-Eleven.
= あなたの体はお寺であってセブンイレブンではない事を覚えていて下さい
You decide when it’s open and who gets to come in.
= いつ開けて誰を入れるかはあなたが決めます
(「The Day I Shot Cupid」から)

*temple=礼拝所、お寺、こめかみ
*7-Eleven=セブンイレブン、見境ない女性/しゃべり続ける人(スラング)

I‘m not a person who naturally loves to wake up in the morning and go ‘Yeah, I’m going to work out for five hours – wooh!’
= 朝起きて「よ~し5時間運動するぞぉ!」ってするのが自然と好きな人ではないです
Like, that’s not my thing.
= それはまぁ私の性格には向いてません
I’m from Texas. I like to eat crabs.
= テキサス出身で。炭水化物を食べるのが好きです
I like to chill out with my friends and do anything but 150 push-ups and sit-ups.
= 友達とダラッとするのと、150回腕立てや腹筋すること以外は何でも好きです

*work out=上手くいく、解決する、運動する
*chill out=リラックスする、落ち着く
*(文の最初に)Like,=まぁ、ほら
*carb=炭水化物=carbohydratesの略称です
*push-up=腕立てふせ
*sit-up=(運動の)腹筋

・I watch ‘The Voice’ and ‘American Idol,’ and I sit in my Brookstone foot massager.
= ヴォイスやアメリカン・アイドルを見てブルックストーンのフットマッサージャーに座ります
It’s so exciting at my house.
= 私の家ではそれがとても刺激的です

*exciting=刺激的な、ワクワクさせる
ザ・ヴォイス(ウィキペディア):YouTube検索
アメリカン・アイドルYouTube検索
スポンサーリンク