宇多田ヒカル|英語|素顔編

hikaru-utada-who-she-is
今日は宇多田ヒカルさんの言葉で英語を勉強しましょう
宇多田ヒカル(ウィキペディア)

・I can never really enjoy being famous.
= 有名であることを心から楽しめません

☆単語☆
*enjoy ~=~を楽しむ、満喫する
*famous=有名な
他のタブで発音が聞けます

・People do ask me if I think I can make it in the States.
= アメリカで上手くやれるか、ホント聞かれます

*動詞の前のdoは動詞を強調し、なくても文の意味は変わりません
*if ~=もし~、~かどうか
*make it=(目標を)成し遂げる
*the States(スイツ)=アメリカ合衆国=the (United) Statesが省略された良く使われるアメリカ呼称です(*^^*)

・Literature remains my eternal passion!
= 文学は、私の不変の情熱です

*literature=文学(作品)

*remain ~=(他をよそに)~のままでいる
*eternal= 永遠に、不変に
*passion=情熱

・I’m into long baths lately.
= 長風呂に最近ハマってます

*be into ~=~に(興味を持って)夢中になる、(誰かに)恋愛感情を持つ
*lately=最近
*bath({bǽθ}=お風呂(に入ること)
:複数形Sが付きますが、bathはθで終わるためSは発音しないでも大丈夫です!!英語の発音法はこちらをご参考下さい(*^_^*)

・I get strangely obsessed about the cleanliness of my house.
= 不思議なほど、家の掃除に夢中です

*strangely=strange(変わった、不思議な)の副詞です(*^^*)
*obsess=頭を(厄介なほど)一杯にする
:get/be obsessed with/about ~=~で頭が一杯になる
<>I am obsessed with reading books=本を読むことに夢中です
*cleanliness=清潔(にしておくこと)
文法小話し彡多くの副詞は形容詞の最後に”ly”を付けるため語尾に”ly”があれば副詞と断定しがちですがlikely, slovenlyなどlyで終わる形容詞もありますのでTOEIC等のテストでは気を付けましょう

・I bought an espresso maker and coffee maker and make them myself every day.
= エスプレッソ・メーカーとコーヒー・メーカーを買って、自分で毎日作ってます。(^^♪

*bought=buy(買う)の過去形です。
*makeとthemの後のmyselfが無くても意味は変わりませんが
“~(主語+動詞) myself“=”~を自分でする“は頻出フレーズです
<>I will buy it myself!=自分で買うよ!

・I’m not like a gorgeous bombshell or anything like that.
= 私はゴージャスな女性とか、そういったものではありません

*gorgeous=とても魅力的な、(天気が)喜ばしい
*bombshell(ムシェル)=本来の意味は「予期しなかった出来事」です。同名の映画(1933)でジーン・ハーロウが主演を務めて以来魅力的な女性という意味で使われているそうです(shell=殻)
*Be動詞+like ~=~のような
*~ or something like that=~とか何か、~みたいなもの(こちらは否定文なのでanythingが使われています^^)

・It’s a fairly recent thing but I’ve become very fond of making drinks myself.
= ほんの最近のことですが、自分で飲み物を作るのが好きになりました

*fairly=極めて(形容詞を強調するvery{とても})と公平に(fair)の意味があります
*become ~=~になる
*recent=最近の
*fond of ~=~が好き
:前置詞の後には名詞が入るので動作はingを付け動名詞にします!

・People think I’m too unreal to be walking down the street;
= みんな、私が道を歩いているのは非現実すぎると思っています
They don’t expect it.
= みんな予期してないのです。 ^^;

*unreal=現実味がない、空想の
(対義語)=real
*along ~=~に沿って
*too ~ to A= Aをするにはすぎる
*expect=予期する、期待する
*walk down ~=~を歩く :downがなくても意味は変わりませんが、downを付けたほうが自然です :ただ歩くのではなく、道など「どこか」を歩く場合はwalkの後にon/down/alongを付けるのが一般的です

・I’ve always been a kid that ordered vinegar as a side along with Tokoroten when I was taken to Wagashiya.
= いつも和菓子屋に連れてってもらう時、ところてんのサイドメニューとしてお酢を頼む子供でした

*order=注文する
*as ~=~として、~しながら、~のため
*vinegar=お酢
*along with ~=~と合わせて

・It’s a bit confusing being a young girl, because my taste in music and what I do is more like a 35-year-old guy.
= 私の音楽の趣味やしていることが、35才の男性に近いので、若い女の子としてちょっと戸惑います

*a bit=少し :a bitでセットです(冠詞のaではありません*^^)
*taste in ~=~(芸術や趣味)の好み
*more like ~=(前に出たものよりも)~に近い、むしろ~
:more like 35-year-old guy|a young girl
*confuse=困惑させる、混乱させる
:confusing=混乱させる(ような)、confused=混乱した
<>:It’s a confusing situation.=混乱させるような(難しい)状況
:I’m confused.. Help me out!=混乱しちゃったよ..(理解できるよう)助けて!

・If I suddenly disappear from the music world,
= もし私が音楽の世界から突然消えたら、
you might see Hikaru Utada working as a helper at some inn in Atami.
= 宇多田ヒカルが熱海のどこかの旅館で、お手伝いとして働いているのを見るかもしれません

*suddenly=突然に
*inn(ン)=旅館、(旅行者のための)飲食を提供し宿泊できる家
*disappear=見えなくなる、消える :(対義語)appear
maymightの違い!(*^^*)
1. mayとmight:どちらも「~かもしれない」(可能性)を表します
2. mayとmight:とちらも(may/might have+過去分詞)で過去形を作れますが、mightの方がフォーマルです
3. mayのみ「~して良い」(許可)を表します

・When I can just take a walk and go grocery shopping in New York,
= ニューヨークで、ただ散歩をして食料品を買い物に行けるとき、
it takes a huge load off my back and I feel great.
= すごいリラックス出来て、最高の気分です

*take a walk=散歩する
*grocery=食料雑貨店頻出単語です(*^^*)
*load=重荷
take a load off=くつろぐ=loadをtake off(取り除く)
*huge=とてつもなく大きい

・No one told me I had to make something that would sell, but
= 売れるものを作らなければいけないとは誰にも言われませんでしたが、
I personally want everyone to like my music.
= 個人的に私の音楽を、みんなに好きになってほしいです

*sellは目的語を持つ他動詞として使われることが多いですが自動詞でもあります
:<>We sold many CDs.=Many CDs sell.=沢山が売れました。
*personally=個人的に
*want A to ~=Aに~してほしい

・When people ask me exactly how much time I spend in each country,
= それぞれの国で正確にどれくらい過ごすか聞かれるとき、
I always tell them I have no idea.
= いつも分かりませんと、答えます

*exactly=exact(正確に)の副詞です(^^)v
*each=それぞれの、各々の
*spend=(お金や時間を)費やす、過ごす
*I have no idea=I don’t know

・I don’t like going to the gym because I don’t like being with people I don’t know in that intense environment.
= 張り詰めた環境で知らない人といるのは好きじゃないので、ジムに行くのはきらいです

*intense=(程度が)強烈な、(人が)真剣な、(状況が)張り詰めた
*people (whom) I don’t know=知らない人目的格の関係代名詞は省略されることが多いです(*^^)v
*environment=環境、(周りの)状況:nはほとんど発音しません

・I just want people to see that I do my own stuff, that I’m not stupid, and I can make fun of myself.
= ただ私が自分の事をして、バカじゃなく、自分を笑いのネタに出来ることを人に見てほしいです

*stuff=もの({}My stuff)、こと({}do my stuff)
*stupid=愚かな、ばかな (^^ゞ
*make fun of ~=~をからかう、~をばかにする

・I squeeze oranges every morning to make juice.
= ジュースを作るため、オレンジを毎朝絞ります
*squeeze ~=~を絞る

・The world is in motion, as it seems.
= 世界は動いているように、見えます

*be in motion=動いている
*seem(スィーム) =ように見える

・I also discovered a cute teacup set at DKNY and I make Japanese tea often and drink it.
= DKNYで可愛いティーカップ・セットも見つけて、日本茶をよく作って飲んでます。(^^♪

*also=もまた、その上
*discover=発見する

・Throughout the world, whether at home in New York, in Japan or in a hotel in Europe,
= 世界中、ニューヨーク、日本の家でもヨーロッパのホテルでも、
I’m indebted to Japan’s famous hot spring bath powder from Tsumura.
= 日本で有名な、ツムラの温泉入浴剤に助けられます

*throughout=至る所で、初めから終わりまで
*whether ~=~であろうと、~かどうか
彡*indebted to ~=~の恩恵を受けている
(debt=負債、恩義)
*hot spring=温泉