許す|名言[過去の向き合い方編]

forgive-and-forget
Any fool knows men and women think differently at times, but
= どんな愚か者でも時どき男と女が違って考えることは知っていますが
the biggest difference is this.
= 一番の違いはこれです
Men forget, but never forgive; women forgive, but never forget.”
= 「男は忘れるけど決して許しません;女は許すけど決して忘れません。」
ロバート・ジョーダン(ウィキペディア)

☆単語☆
*「at times」=時どき

・Always forgive, but never forget,
= 常に許しはしても、決して忘れないで下さい
else you will be a prisoner of your own hatred, and doomed to repeat your mistakes forever.
= そうでなければ自身の憎しみに囚われ、同じ失敗を永遠に繰り返す運命になります
Wil Zeus_著書「Sun Beyond the Clouds」から

*(or) else=でなければ
=otherwise
*hatred=憎しみ
(動詞)hate
*be doomed to ~=(悪い結果の)運命にある
*doom=大失敗、損傷や死などの悪い出来事(を招く)

・Forgive your enemies, but never forget their names.
= 敵を許してください、けど決して名前を忘れないで下さい
ジョン・F・ケネディ

・The best deed of a great man is to forgive and forget.
= 偉大な人の最高の行いは許し、忘れることです
アリー

*deed=(意識的な)行い、(法的な)文書

・I always forgive, but I never forget.
= いつも許しますが、絶対に忘れません
ランディ・モス

・What is forgiven is usually well remembered.
= 許されことはいつも、よく記憶されます
Louis Dudek

*usually=通常、いつも、たいてい

・Forgiveness is the sweetest revenge.
= 許すことは、一番可愛らしい仕返しです
ジェローム・アイザック・フリードマン

*sweet=甘い、思いやりのある、可愛らしい

・The stupid neither forgive nor forget; the naive forgive and forget; the wise forgive but do not forget.
= ばかは許しも忘れもしません;うぶな人は許して忘れます;賢い人は許し忘れません
トーマス・S・サズ(Thomas Szasz)

*naive=(経験や知識がいように見え)うぶな/純真な、(作品が)素朴な
*wise=賢い

・When you hold resentment toward another, you are bound to that person or condition by an emotional link that is stronger than steel.
= 他に怒りを持ち続ければ鉄よりも強い感情のリングで、その人または状況に縛られることになります
Forgiveness is the only way to dissolve that link and get free.
= 許すことは、それを溶かし自由になる唯一の方法です
キャサリン・ポンダー(Katherine Ponder)

*resentment=(不正や不当に対する)憤り/怒り
*bound=「bind=固く縛る、結びつける」の過去(分詞)形です
*condition=状況、条件
*link=(影響を与え合う)関係、鎖の一部の輪
*dissolve=溶ける/溶かす、解消/解散する

My plan is to forgive and forget. I‘ll forgive myself for being stupid, and I‘ll forget you ever existed.
= 計画では許し忘れます。バカだった自分を許し、あなたが存在したことさえ忘れます

*exist=存在する

*以前こちらもご紹介しました(*^^*)
Once a woman has forgiven her man, she must not reheat his sins for breakfast.
= 一度許したら、女は男の罪を朝食で温めなおしてはいけません
マレーネ・ディートリッヒ