英会話で使える外来語

foreign-language
éなどの文字は使われている国以外のキーボードでは入力できないので普通にeと表記されます(*^_^*)

英語ではフランス語、ラテン語などたくさんの外国語を使います。今日はその中で日本語の外来語にもあるけど発音が違う言葉をいくつかご紹介します(母音の上に付いているアポストロフィーは入力できないため通常省かれます)
(単語をクリックすると音声が別のタブで開きます *^^*)

Café(名詞) = カフェ (フランス語)
フェフェイ“:「カ」の母音は”æ”なので舌の先を下の歯の裏に付けながら「カ」と言ったあと、フェの発音は、まず下唇の真下に人差し指の側面を当ててください。そこに上の歯を当て「フェ」と息をは吐きなら出た音が”Fe”です☆アクセントは2通りあり「カフェイ」でも「フェイ」でも構いません (*^_^*)

Début(名詞、動詞)=デビュー(フランス語)
デ(イ)ビュ“:「デ」の発音は日本語のデビューと同じですが、”B”の破裂音をしっかり発音しビュにアクセントを置きビューです。本来のフランス語では(イ)を発音するそうです(*^^*)

Déjà vu(名詞)=デジャヴ
ディ・ジャー・“:「デイ」、「ジャー」、「ヴー」と区切りながら言い、最後の「ヴゥー”vu”」にアクセントがあります。
V発音!: どちらも(出っ歯の方の真似をするように)上の歯を下唇の下に当て、息を吐きながら発音
ファ行(F)は口だけで、ヴァ行(V)は声帯を使い発音します(^^♪
(声帯を使うとは喉に手を当て、発声時に喉が震える状態です ^^)

encore(名詞)=アンコール (フランス語)
ンコール“:最初の「アン」にアクセセントがあり「ン」で口を閉じた後「コー」と言い、舌を口のどこにも付けず「ル」と発音します。

entrepreneur(名詞)=起業家(フランス語)
アントゥレプレォー” : 「アン」は日本語で普通に発音し上の歯の裏から舌を下しトゥ(T)を発音、「レ」は”R”なので舌を口の中どこにも触れずに発音し「プ”P“」の破裂音をしっかり唇で発声し、再度「レ”re“」で最後の「ノォ」にアクセントを置きます (言葉にすると大変な作業に思えますが^^;慣れてしまえば簡単ですので諦めないで下さい(*^_^*))

et cetera(etc)(副詞)=その他 (ラテン語)
エトゥトゥラ“=エとセにアクセントを置く場合とセのみにアクセント、どちらでも結構です♪最後の「ラ」の”R”は舌が口の中どこにも触れないようにして下さい(*^^*)
<>There are many countries in Africa, Ethiopia, Kenya, Morocco, et cetera.

fiance(名詞)=(男性の)フィアンセ (フランス語) (女性のフィアンセは最後にもう一つ”e”が付き”fiancee“になります。発音は同じです(^^♪)
フィーアン” : フィのFはデイジャーヴーのヴ(V)と同じ発声法で、気持ち「フィー」と伸ばし「アン」。最後の「セイ」の「セ」にアクセントがあります。

Genre(名詞)=ジャンル (フランス語)
ジャ(ー)ンラ”:最初の「ジャ」にアクセントを置き「ジャ」と言い「ン」で一度口を閉じ、”encore”の”re”と同じで舌を口の中どこにも付けず「ラ」と軽く発音します☆
*ジャはジャー(伸ばす伸ばさない)どちらでも使えます(*^^*)

liaison(名詞)=連絡、連結 (フランス語)
イズン” : 最初の「リ」は”L”なので舌の先を上の歯の裏に付け発音し、次の「エ」にアクセントを置き「イズン」と続きます。「ズ」は上下の歯を閉じて発音すると、さらに良いです(*^^*)
<>”The kid can act as a liaison between parents. =子供は両親をつなぐ役目を果たすことがある。(“can”は「~がある」「あり得る」という意味にもなります☆)

petit(形容詞)=小さい、プチ (フランス語)
[pətiːt]ティ(ti)にアクセントが付きます。əの発音法はこちらから(*^_^*)
“e”を最後に付け(petite)でも同じ意味です(^^♪

resumé=履歴書 (ラテン語、フランス語?起源不明^^;)
メイ”(アメリカ英語)
“レジュメイ”(イギリス英語)

sauté=ソテー (フランス語) = fry
ウテイ“=ソとウをハッキリ区別し発音し「テ」にアクセントを置きます。
<>saute rice = fry rice = ご飯を炒める

こう見るとほとんどフランス語ですね。次は会話で使うとオシャレな外国語を書きます(*^_^*)
それでは、また次回