Every Cloud Has a Silver Lining|雲の間の希望

every-cloud-silver-lining
雲を悪い状況に、隠れている太陽の輝きを希望に例え
Every cloud has a silver lining
=どんな状況にも希望がある
と言う表現があり、会話でも使われます(^_-)

☆単語解説☆
*cloud=雲
*lining=(表面を覆う)内張り
(↑他のタブで発音が聞けます)
*silver lining=困難な状況での良い側面、雲の裏の太陽の光
*映画「世界にひとつのプレイブック」の原題が”Silver Lining Playbook”(playbook=脚本)のため、このフレーズが出ると映画の会話になることがあります

例文

<例1>
Though we missed a train, we could run and exercise. It’s a silver lining.
= 電車見逃しちゃったけど、走って運動も出来たし。良かったじゃん

*Though ~=~だけど(文の最初か最後に付けられます:Though ~=~ though)
*run=走る
*miss(ス)=を見逃す、がなくて寂しい
*exercise=運動する

<例2>
If there is a silver lining to my breakup, I can focus on myself doing what I wanted to do.(^^)v
= もし別れたことに良い側面があるなら、したかった自分のことに集中できることです

*focus on ~=~に集中する、~に意識を向ける
*what I wanted to do=したかったこと
*”to ~”を使って「~に良い側面があるなら」としています(^^
*breakup=別れ、解散

<例3>
A)
Sorry.. I couldn’t make this morning..
= ごめん。。今朝行けなくてゴメンね。。
B)
“That’s ok. Every cloud has a silver lining. Let’s go eat something!
= 大丈夫。悪いことばかりじゃなかったよ。何か食べに行きましょう
A)
“Ok!”

*便利な単語make
出来た!では”I made it!”と使え、上の文のように約束を守れなかった時も”make ~”と使えます。
:”I have so many stuff to do today. I’m not sure if I can make tonight’s party..”
= 今日一杯やることあるよ。今夜のパーティー行けるかな(・・;)