Doom and Gloomは悲観的

doom-and-gloom
doom and gloom将来に対する悲観視改善を見込めない状態のことです(・・;)
順番を逆にしたgloom and doomでも同じ意味です(*^^*)
余談ですが..doom and gloomは19世紀に使われ初め、元々金融と政治に限って使われていたそうですが1947年のミュージカル「フィニアンの虹(ウィキペディア)」で使われたことによって広まったそうです。今では他の事にでも使われますが、こういう起源のためか政治やビジネスで使われることの多い表現です

☆単語解説☆

例文

<例1>
フランク)
My friend was right when he said you were doom and gloom.
= doom and gloomだって言ってた友達の言う通りだよ
ヴェロニカ)
What means “doom and gloom“?
= doom and gloomってどういう意味
フランク)
You know, you only see the horrible and the terrible.
= 嫌な事ばかり見てるってこと
ヴェロニカ)
Your friend, where does he get this? He doesn’t know me.
= あなたの友達、どこでそう聞いたの?彼は私を知らないでしょ
こちらもKiss and makeupと同じく映画「トランスポーター3(ウィキペディア)」からです^^;

<例2>
People always see the doom and gloom side of now
= 人はいつも”今”の悲観的な面を見ます
but has it ever been the best?
= けどベストな時はありましたか
*doom and gloom side of ~=~の悲観的な面

<例3>
It’s not all doom and gloom for the company.
= それは会社にとって先が見えない状態という訳ではありません
*doom and gloom for ~=~にとって先が見えない状態

スポンサーリンク