これが要点!”Cut to the Chase”

cut-to-the-chase
こんばんは!
今日はAさんがルームメートのBさんに、何か言いたそうです。
けどBさんは、もうすぐ出掛けなければなりません(^.^;

Cut to the chase=(時間を考慮して)要点を言う
(↑他のタブで発音が聞けます)

例文

A)
“Hey. Can I have a word with you?
= ねぇ。ちょっと今話せる?
B)
“No. I gotta get going.
= いや。もう出掛けなきゃ。

☆単語解説☆
A)
“Don’t worry. It won’t take long.”
= 大丈夫。すぐ終わるから。
B)
“Ok. So, what?”
= Ok。じゃぁ、なに
A)
“Ok.. ahhh.. How was your job yesterday?”
= うん。えぇっと。。昨日、仕事どうだった
B)
“Good. Is that what you wanna talk about? I’m sorry but I don’t have much time..”
= 良かったよ。それが話したかったの?わるいけど、あんまり時間がないよ。。
A)
“Ok.. I’ll cut to the chase. I want you to stop leaving dishes unwashed..”
= Ok。。はっきり言うと。食器を片付けないで置いておくの、やめてもらいたい。。
*Cut to the chase”はGet right to the pointとも言えます☆彡
どちらもよく使われるフレーズです

*washedが「洗ってある」ですのでunwashedで洗ってないになります。それを”leave(そのままにしておく)”のをやめて(stop)ほしいとAさんは言っています(*_*;
B)
“I understand. I’m so sorry for leaving a mess in our kitchen..”
= 分かってる。台所散らかしてて、本当にごめん。。

A)
“So will you keep it clean from now?”
= じゃあ、これから片付けてくれる?
B)
“Well. I’ll sleep on it tonight.”
= う-ん、今夜一晩考えてみるよ
A)
“WHAT!? Come on!”
= えぇ!?何それ
^_^;
私もアメリカで何人ものルームメートとアパートをシェアしましたが、やはり他人と住むのは難しいですね。お互いにそう思っていたと思います(*_*;それでは、また次回