Bump in the Road

bump-in-the-road
道路が膨らみ出っ張った部分Bumpと言います。Bumpがありビックリしても運転は続けれる事から
Bump in the Road予期せず起きる小さな問題乗り越えられる小さな問題という意味で使われます(*^^*)

☆単語解説☆
*bump=こぶ、腫れ、出っ張り、ドスンと落ちる音
リンクの単語は違うタブで発音が聞けます
bump (into ~)=~にぶつかる、ぶつかって痛む、~に偶然会う

例文

<例1>
Sure, there were a couple of bumps in the road but
= もちろん、途中いくつか問題はありましたが
in the end all went well.
= 最後には全て上手く行きました

*a couple of(2,3個の、いくつかの)の後なのでbumpは複数形bumpsになります☆彡
*in the end=最後には、結局
*all went well=全て上手くいった
went=goの過去形
allとwellを使った他のフレーズ
“I hope all is well (with you).”
=元気だと良いけど!
メールの最後によく書かれます(^^♪
(with youは付けても付けなくても良いです)

<例2>
Boss=上司)
What is this!?
= 何これ
A)
Nothing, sir. Just a bump in the road.
= 大丈夫です大した問題じゃないので
Boss)
Really? It seems an iceberg to me.
= ホント大した問題に見えるけどね
A)
Our Tatanic is safe sir.
= 問題ありません

*Aさんには大した問題じゃなくてもBossにはiceberg(氷山)に見えたみたいです。
氷山にかけて『Titanic(タイタニック)は安全』と答えています^^;
*seem ~=~に見える、~のよう

<例3>
A)
What’s wrong?
= どうしたの
Did I do something wrong?
= 何か間違ったことしちゃったかな
B)
Everything’s wrong!
= 全部だよ
A)
Ah, come on. It’s just a bump in the road.
= またぁ。大したことないよ
We will be ok in no time.
= またすぐ(AとBさんが)良くなるから
B)
Hey. Don’t say that when you’re the one who causes all troubles.
= ねぇ自分が問題起こして、そう言うのやめてくれる

面白い方が覚えやすいと思い例文を面白く書いています..帰国女子☆もAさんみたいな人は苦手..かな^^;
*wrong=間違った
(対義語)⇔right=正しい、ふさわしい
*in no time=すぐに、一瞬で
=very soon=very quickly
*cause=~を引き起こす、原因となる、原因(名詞)
↑causeは2種類の発音が収録されていますがどちらも使えます♪
*trouble=問題、悩み、不具合
*(Don’t say thatの)that=それ(直前に言ったこと)
when you’re the one=あなたの時
who causes all troubles=全ての問題を起こしているのが
スポンサーリンク