Birds of a feather flock together|類は友を呼ぶ|と”if”を付けたもう一つの意味

birds-of-a-feather
ふと思いましたが鳥は雨の日どこにいるのでしょう?(・・;)
晴れの日鳥は群れになって一緒に飛びますよね
この事から「類は友を呼ぶ」を英語でBirds of a feather flock togetherと言います(^^

☆単語解説☆
*feather=羽
リンクの単語他のタブで発音が聞けます(*^^*)
*flock=群がる,群れになって動く
*together=一緒に
*冠詞の”a”は”one”の意味なので、ここでは”the same(同じ)”の意味です(^^)
:”birds of a feather“だけでも同じタイプの二人同じ趣味を持った二人という意味があります!
)Wow! We are birds of a feather.=わぁ、私達似てるね(^^

例文

<例1>
A)
They seem to get along really well!
= (彼ら)すごい上手くいってそうだね
B)
Yeah. Birds of a feather flock together as they both like sports.
= うん。お互いスポーツが好きだし、類は友を呼ぶみたいだね(^^

*as ~=~のように、~しながら、~だから
*get along (with ~)=(~と)仲良くする
*both=お互い、どちらも
:TH(θ)など発音法は宜しければこちらをご参考にして下さい!

<例2>
A)
I haven’t seen Kim around recently. Do you know what happened?
= キム最近見てないね。何かあったか知ってる
B)
She seems hanging out with another clique now..
= なんか今は他の人達といるみたいだよ。。
A)
“I see. You know they say “If birds of a feather flock together, they don’t learn enough“..
= そうなんだ。「同じ人同士でいると、学ぶことが少ない」ッて言うもんね(‥
*If birds of a feather flock together, they don’t learn enough
=同じ友達とばかりいると、学ぶことが少ない
“Birds of a feather flock together”が悲観的な意味で使われる時の返答などに使われます^^;

*hang out with ~=~と一緒に過ごす
*clique(クリーク)=(他の人が入りにくい)小グループ:”Birds of a feather ~”の会話で使われる事があるので覚えておくと役立ちます

<例3>
A)
Karen and David are two different types of people but they are a great couple.
= カレンとデイヴィッドは違うタイプの人だけど、良いカップルだよね

*~ type of a person(一人の時)=~タイプの人
二人以上の時はpeopleまたはpersonsです♪
B)
Tell me about it. Birds of a feather don’t always flock together.
= ホント。類が友を呼ぶとは限らないみたいだね
*Tell me about it=ホントにそう。全くそうだよ
*性格の違う人同士が仲良い時に”don’t”を使って、こういった使い方も出来ます