ビートルズの『実は』

bealtes-unknown-stories
セールス記録
2012年12月6日の時点で。ビートルズのアルバムは23億枚以上、売れているそうです。

クオリーメン
ジョンは通っていたクオリーバンク(Quarry Bank)校の名前から、15歳の時、バンド”クオリーメン”を1956年に結成しました。クオリーメンでベースを弾くこともあった”Ivan Vaughan(アイヴァン・ボーン)”を通して、バンドの2回目の公演でポール・マッカートニーと最初に会います。ジョンはバンドに入らないかと誘い、翌日にポールが加わりました。それ以降、ビートルズのメジャー・デビュー曲、“ラブ・ミー・ドゥ”を発表するまでに70曲を作曲しました。

クラブ・キャバーンでの出演拒否
キャバーンのオーナー、レイ・マックフォールは最初、ジーンズを履いているという理由でビートルズの出演を断りました。

最初のレコード契約
ビートルズが最初にパーロフォン(Parlophone)とレコード契約した際の、契約内容は1枚1ペンスでした。

ペニー・レイン
1967年、ペニー・レインがヒットし、”Penny Lance”の標識がリヴァプールから、次々となくなったそうです。対策として、町の名前はビルに直接、書かかれました。
 Penny Lane

Dr. Pepper’s Lonely Hearts Club Band
ポール・マッカートニーの意向、”ドクター ペッパー”Dr. Pepper”で制作を始めたアルバムは、アメリカに同じ名前の飲み物があるということを知り、“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”に変更になりました。(ジョン・レノンはDr.Pepperが大好きで、イギリスまで輸送注文していたそうです) また、“サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド”はイギリスで、初めてレコードのケース裏面に全曲の歌詞が印刷されたロック・アルバムだそうです。
 Sgt Peppers Lonely Heart Club Band

ピート・ベストへのラブコール
“キャバーン”クラブ”で、ピート・ベスト”Pete Best”がリンゴ・スターに交代した最初の夜、ファンの”ピート”コールが、演奏をかき消しました。乱闘が起きて、ジョージの目の周りにアザが残りました。

ペーパーバック・ライターのコーラス
ペーパーバック・ライターの3番目以降のジョンとジョージのコーラスはフランスの民謡、フレール・ジャック(Frere Jacques)だそうです。
Paperback Writer

ジョージのベース
”She Said She Said”では、ジョージがベースを弾き、ポールはレコーディングに参加しませんでした。
She said she said

ビートルズの二人と交際した女性
リンゴ・スターがビートルズに加入する前、ドラマーを勤めたバンド”ハリケーンズ“のリーダー”ロリー・ストーム(Rory Storm)(本名:アラン・コールドウェル)”の妹”アイリス・コールドウェル”は12歳の時にジョージ・ハリスンと、17歳の時にはポール・マッカトニーと、交際していました。”Love Me Do”は彼女の事を歌っているそうです。

ステレオ録音
ビートルズで一人もステレオ録音に参加しようと、しませんでした。ジョージ・マーティンは、「1967年にはステレオ装置を、ほんの一握りの人しか持っておらず、ハイファイ・マニアのものだった。」と語っています。

・オーケストラに与えられた”A Day in the Life“のスコア
A Day in the Life“のオーケストラの楽譜には、メモがありました。それは、それぞれの楽器の一番低い音から演奏を始め、少しずつ自分の楽器で出せる一番高い音に向かって、というものでした。実際に、そのように演奏されているそうです。また”A Day in the Life”の曲の最後オーケストラが終わった後のピアノのコードはジョン・レノン、ポール・マッカートニー、リンゴ・スター、ジョージ・マーティンとバンドのローディーを務めたメル・エヴァンスが、それぞれ両手で(5人が)同時に弾いているそうです。
A Day In The Life

普段は違うことを書いているので、良かったら少し読んでみて下さい♪