基本英文1

basic-english
英語を学ぶときリスニングは自然と身につきますが、最終的に努力が必要なのが
自分の言いたいことを言うことです。
この基本部分を押さえていれば、要点として言いたいことは何でも言えます(^^

1.時制
文の動作が過去に起きたことか、習慣的に現在行われていることか未来かを動詞の時制を変え表現します!

*過去形
・”I went to a discotheque last night.
=昨夜、ディスコに行きました。
行くの”go”が昨夜の事なので、”went”になります。
疑問文では動詞は原型になります。
・Did you go out last night?
=昨夜、出掛けたの?

*現在形
・Do you go dancing usually?
=普段、踊り(ディスコ)に行くの?
習慣を聞いているので「行く」は原型で現在形の”go”のままになります。
・I drink coffee in the morning.
=朝はコーヒーを飲みます。

*未来形
・”I don’t but I will go again next week with another friend of mine.”
= いいえ、けど来週また他の友達と行きます。
未来(来週)のことなので、動詞の前に”will”を付け未来形にします。
be going to + 動詞、という言い方もあります。
‘I am gonna go there next week again with another friend of mine.”
口語では”going to”は”gonna(ガナ)”と言われる事が多いです(スラング)

*完了形
(完了形は、過去形と思われる文と思われる文に使われたりする時があり混乱しますが(^_^;)
経験を言う時と文に”since”か”already”があるときに使うと覚えれば大丈夫です
・I have been to Canada.
=カナダに行ったことがあります。
・ haven’t been to Australia.
=オーストラリアには行ったことがありません。
・I’ve done everything I have to do since my boss left the office.
=上司(boss)がオフィスを出てから、しなければいけないことは全てしました。
・I’ve had a dinner already.
=もう夕食は済ましました。
*had=eaten=dined:どれも「食べた」という意味です*^_^*)

完了形では(過去形と違い)疑問文でも完了形の動詞になります。
・”Have you been to Osaka?” = 大阪に行ったことがりますか?
・”Has he ever done the job I asked him to do?” = (彼)頼んだ仕事してくれたかな?

2.可能形
出来る、出来ないを表します
・I can make it.
=間に合うよ。
・I can not do that.
=来ないよ。
*can notはcan’tと省略できますが、書くときは”can’t”でも良いですが
話すときはcan notとキャンとナットを分けて言うのが相手から聞き返されないポイントです

* 可能形の疑問文
・”Can you come see me tonight?” = 今日、会いに来てくれる? – 現在形
・”Were you able to catch a train this morning?”
=今朝、電車間に合った?
(“Could you make a train this morning?”でも本来は正しいのですが。
英語は世界中で違う教育を受け話せれていることもあり、”Could”=丁寧な”Can”という先入観がある人も多いので、”Can”の過去形は”Were you able to””I was able to”と“able to”を使うのが無難です(・_・;) 

また”be able to”は単に”can”の他の言い方というだけでなく助動詞”may”や”might”(ともに「~かも」)と同じ文で使うときは”can”と一緒に使うことはできないので、”able to”を使います(*^^*)
・”I might be able to go to your party but I’m not sure yet.”
= あなたのパーティーに行けるかもしれないけど、まだ分かりません。
それではまた明日(基本英文2)