Bandwagonは『いま』の流行りに乗る

bandwagon
Bandwagon(バンドワゴン)は音楽隊(バンド)を乗せ行進する装飾されたワゴン車の事で「いま流行っているもの」という意味もあります(*^_^*)

“Jump on the bandwagon”は「(得するために早いうちから)今の流行りに乗る」という意味でヒットした商品の類似商品をつくる会社や、選挙のために政策を変えているように見える政党、流行のファッションをする人などに使われます
*Jump on the bandwagon=Climb on the ~
*今では音楽隊に使われますがダン・ライス(Dan Rice)と言うピエロさんを起源に、最初はサーカスが乗っていたそうです(^^

☆単語解説☆

Bandwagonを使った他の表現
*Bandwagon Effect大勢の人が何かをすると他の人も真似をする現象の事です彡バンドワゴン効果(ウィキペディア)

・*Bandwagoner“と”Bandwagon Jumper“はJump on the Bandwagonする(流行りに乗る)の事です↓

Bandwagon-FanとFair-weather-Fanの違い

*Bandwagon Propaganda(プロパガンダ)は「他の大勢がしているからするべき」と言ってする宣伝のことです^^;

例文

<例1>
Some jumped right on the iPhone bandwagon when the new one came out.
=何人かの人は、iPhoneの新しいのが出ると真っ先に乗り換えました

<例2>
A)
I didn’t know you were a bandwagoner.
= 流行りで意見を変える人だって知らなかった
B)
I’m not a bandwagoner nor a fair-weather fan.
= 流行りに左右されたり、調子よく意見を変えるファンじゃない
I’m simply not interested in sports.
= 単純にスポーツに興味がないんだよ

<例3>
It was the bandwagon-effect that everybody rushed to buy a toilet-paper.
= みんながトイレットペーパーに殺到したのはバンドワゴン効果です