Bad Pennyはお呼びでない

bad-penny
Bad pennyは傷んだ(または偽の)1セント硬貨のほか、ウォルター・スコットさんが小説の中で18世紀初めに当時、出回り人から避けられていた偽シリング(Shilling)硬貨が財布の中にまたあったという意味でBad Shillingと人に対し使ったことを語源にその場に好ましくない人や(もの)と言う意味で使われます。
今日はBad pennyを使ったことわざをご紹介します(*^^*)
*シリングは硬貨そのものの名称だったそうです:シリング(ウィキペディア)

turn up like a bad penny=呼ばれていない(好ましくない)人が現れる

例文

<>
A)
“Wait. We are not invited to the party.”
= ちょっと待って。パーティーに招待されてないよね
B)
Don’t worry. It won’t be turning up like two bad pennies.
= 大丈夫。呼ばれてない2人が来たって感じにならないから
“Everybody will welcome us!”
= みんな歓迎してくれるよ!‥

☆単語解説☆

Bad penny always turns up (comes back)=好ましくない人(や出来事)はタイミングの悪い時にいつも現れる
<>
We finally kicked him out of our house.
= ついに彼を家から追い出しました
But who knows? The bad penny always comes back..
= けどどうだろう..嫌な人はいつも戻ってくるから..(‥

http://memoryofsmile.com/conversation/